川原達二の十中八九N・G

 こんにちは。とくだです。
夢については、カウンセリングの中でも話題になることがあります。
夢を見た人、夢主が、その夢を通じて、どんなことを連想するか、ということを私たちは考えます。

今回の企画の発端に、川原先生がおっしゃるように、
そもそも夢を意味のあるものと思っていない、
という人も多いのではないかという点があります。
ならば、夢をどんな風に考えるか、そこのところを共有できたら、カウンセリングでも、より話しやすいかもしれない。
あるいは、カウンセリングはしていなくとも、自己分析をする上で、自己理解を深めるための参考にしていただけたら嬉しいです。
ただ、夢にとらわれすぎてしまうのは要注意です。
不安が高まりすぎてしまっても逆効果なので、そういうときにはいっそ忘れてしまう方がよいこともあります。
その点はお忘れなく。

そうはいっても、『夢』というテーマはなかなか難しいです。
先生の夢シリーズの分析というのもハードルが高い気がします。でも、ご自分の夢を題材に、と提供してくださる先生の思いにも応えなくては、と思いながら葛藤していました。
 そんなときに、私が見た夢、
① 突然導かれた部屋で、半裸の男女が何人か寝ている、それを目撃してしまった。でも妙に冷静。
② 銀河鉄道999のような世界で、何かから逃げている、ブラックホールのようなところに吸い込まれていきながらもがく。
ほかにも共に逃げながら吸い込まれている人はいるけど、その流れを楽しんでいるよう。そういう楽しみ方もあるのか、と驚く。
③ 知らない人に、たまたま手が当たってしまって、怒られる。逃げる夢。
ざっくりというとこんな風でした。

 『夢』というのは、精神分析の世界では、クラシカルなテーマです。
フロイトの業績の中でも、大切な位置づけになるもので、「夢は無意識への王道」といわれています。
私たちは普段意識することのない無意識の世界、を想定したフロイトは、自分の夢も含め、その他にも多くの夢を検証しながら、
夢から、心のありようを科学的に示そうとした、それが『夢解釈』(1900)です。

そこには、フロイトが自分の夢を例に、一つ一つ構成されているものを挙げ、そこから連想されるものを分析していくことが度々出てきます。
自分の抱く嫉妬心や野心、さらには、私たち人間に普遍的にあるであろう同性の親へ向ける敵意や
異性の親への愛情の葛藤(エディプスコ ンプレックス)へと辿り着いていく大作です。
そんなわけで、私にとっての『夢』というと、なんだか教科書的で、権威的なイメージがわきやすく、
勝手に恐れおののいていたのが①の夢には現れているかもしれないです。
夢は無意識的な願望の充足、という側面もあるから、ショッキングなことも冷静に見ておける自分でいること、がある意味願望充足かもしれない・・・。

フロイトは、夢というものは、その人それぞれによってどういったものが連想されるかが重要であり、
紋切り型には解釈できない、という姿勢でした。
それでも、多くの人が見たことがあるという夢の存在は否定できない、としていて、それが「類型夢」とか、「典型夢」と呼ばれる夢です。

【類型夢】
・ 裸で困惑している夢
・ 近しい大切な人が死ぬ夢
・ 試験で苦しむ夢

【準類型夢】
・追われて逃げる夢
・落下する夢
・火事の夢
・ 空を飛ぶ夢
・ 水におぼれる夢
・歯が抜ける夢

私の②、③の夢もこの辺に当てはまる、いわゆるよくある夢でしょう。
「追われて逃げる夢→親への恐怖、性的衝動の活動による不安」、と教科書に書かれています。
なるほど、それはそうかもしれない。親のイメージ、権威のイメージ、この『夢』というテーマとリンクするなと感じます。

性的衝動の活動による不安というのはどうでしょう?
こういった説明から、精神分析、夢、というと何でも性的なものに還元されるイメージがある、という人も多いかもしれないです。
無意識、というのは意識の世界とは違って、もっと原始的な、生きる、とか、死ぬ、とか、生まれる、とか、そういう人間の根本的なエネルギーのようなものではないだろうかと思います。
それを踏まえて、性的な衝動、という言葉に含まれるのは、生きることにまつわるエネルギー、それが親愛の情のようなものだったり、やさしさだったりするかもしれません。
単純に、いわゆる性的なものだけを指すのではなく、どういったものの表れかを吟味する余地があるんだと思います。

こういった形で、①~③の夢には、私の中にある葛藤が、様々な形で表れているんだなということを改めて認識しました。
短い夢でも、一つ一つ吟味してみると6~8倍の量になる、ともいわれます。
そのくらい夢の中にはたくさんのものがつめこまれている可能性があるんですね。

 次回はいよいよ「先生の夢シリーズ」について、インタビューをしたいと思います。 乞うご期待!?

4 Responses to “夢について ~相談室だより~”

  1. スイトピー

    とくださん。はじめまして。
    夢分析の文章、とても興味深く面白く読ませて頂きました。その人がその夢に対してどう捉えるか、その夢で何を連想するのか、が大事なのですね。とくださんの文章とても綺麗で優しいですね。

    私が最近見た夢。
    (数年ぶりにカワクリを受診する前日の夢)
    最後に先生にお会いしてからの数年の経過、現状、を自分の中で整理して診察に臨むも、話している最中に、話がまとまらなくなり、話ばかり長くなり、そのくせ全く上手く伝えられず、自分で何を話しているのやら分からなくなり、話せば話すほど訳が分からなくなる。という内容。
    目を覚まし思った事。
    夢の中で予行練習をしてしまった!私は、人前で上手く話したい、失敗したくない、人から利口にみられたいという思いが強いのではないか、話を聞いてくれるプロの先生の診察でさえ、予行練習をするなんて、そんなに人前で失敗したくないのか。もっと楽に生きなよ私!!と自分に心底呆れた朝でした笑。

    それだけ、数年の経過や、自分自身の事を理解してほしい気持ちが強かった。のかもしれません。

    よくあるんですよね、何かイベントの前に大失敗する夢。そのおかげか、本番は大抵上手くいくのですが。。

    診察の際に話そうか迷ったのですが、、時間を割いては申し訳なく話さなかったので、せっかくの夢の話の記事に便乗!書かせていただきました。

  2. kawahara

    スイトピーさん
     はじめまして、とくだです。
    コメントありがとうございます。夢について、お伝えしたかったこと、スイトピーさんが受け取ってくださったように感じ、嬉しく思います。
    夢の中の失敗と現実の成功、というところも興味深いですね。
     先生の夢シリーズのインタビューも続きますので、ご覧になってみてください~。

  3. sin

    とくださん、こんにちは。

    【類型夢】
    ・ 裸で困惑している夢
    ・ 近しい大切な人が死ぬ夢
    ・ 試験で苦しむ夢

    【準類型夢】
    ・追われて逃げる夢
    ・落下する夢
    ・火事の夢
    ・ 空を飛ぶ夢
    ・ 水におぼれる夢
    ・歯が抜ける夢

    この分別を知っているだけでもおもしろいですね。
    フロイトの本は持っていますが、難しくて途中で挫折して最後まで読んでいません。

    でも夢解釈は欲しくなりました!

  4. kawahara

     sinさん
     こんにちは、とくだです。
    こうしてみると、結構当てはまる夢ってありますよね!
    コメントありがとうございます。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.