川原達二の十中八九N・G

31/Ⅹ.(水)2018 くもり 前々回の記事をみて「何か私に出来ることがあれば」と言ってくれる患者さん多数。感謝。

母が生きてる頃、大きな病院に肝炎で入院してて、退院する時、お世話になった病棟の看護婦さんたちにお礼の品物を、
買いに行くのを付き合った。
横浜元町の近沢レースという店でタオル生地にレースの刺繍が施されたものを人数分と、皆で食べる洋菓子と、
医者には現金を包んでた。
そういう時代だった。

しかし、時は流れ、ある日から「患者さん」を「患者様」と呼ぶようになり、その頃からだろうか、
「患者様からのお届け物は一切ご遠慮いたします」という貼り紙がナースステーションに貼られるようになった。

いつも言うが、この世は振り子の単振動で、極端から極端に振れる。
陰きわまれば陽にいたり、陽きわまれば陰にいたる、陰陽論。デカルト的二元論だ。
今の古い体質(スポーツ界や医学部や役所のハラスメントなど)が次々と事例化してるのは、
何も今になってそれが増えてるのではなく、今まで大目にみられ過ぎていたからの反動で、その証拠に、
やり玉にあげられた当人は「罪の意識」に欠ける。
本音を言えば、「今まで良かったじゃん」とか「皆だって、そうじゃん」みたいな感じなんだろう。

そこでプレゼントである。
今、冒頭の母のようにプレゼントを病院に持って行ったら、100%断られる。もし、もらったら上から怒られる。
こんな話がある。
病院に長期に入院してて、なんとか修学旅行に行けた中学生が病棟でお世話になった看護婦さんに「赤福」をお土産に
買ってきたら、バカナースはマニュアル通り、「そういうものはお受取出来ません」と断った。
その子はしょんぼりしてた。自分のお小遣いでやりくりして買って来たのだろうに。
僕はみるにみかねて、「それは俺がもらう」と赤福をひきとって、「後で皆で食べるから」とその子に言ったら嬉しそうに笑った。
僕は杓子定規は嫌いだ。

だから、ワイロはよくないが患者さんの気持ちは有り難くもらうようにしていた。
しかし、ここにも陰陽論が当てはまり、もらい過ぎると、弊害も出る。
何しろ時代が時代でそういうのに厳しいし、「指導」もある。
だから皆さん、すみません。
これからお歳暮やクリスマスのシーズンですが、贈り物は気持ちだけにして、品物はご遠慮下さい。

全然話は変わるが、昨日、仕事を終え、大岡山北口商店街入口の、新源、によって、つけ麺を食べてたら、
「ちわーっす」と声をかけられ、誰かと思ったら、東工大の方にある、やきとん屋「三鶴(みつる)、の若旦那。
新源のおやじは、「あれ?知り合い?」と言い、あらためて僕の髪をみて、「お店、やってるの?」と言ったら、
三鶴が、「お医者さんだよ」って言ってその場にいた一同、ビックリ。

ラーメン屋の帰り道、暗い曲がり角に、新米のおまわりさんが立っていた。きっと、ねずみ取りでもしてるのだろう。
こんな車も通らない道で。僕は「大変だなぁ」と思って軽く会釈して通り過ぎた。
急に肌寒くなったから、立ち止まって、リュックから、豹柄のカーディガンを出して羽織って歩いて行くと、
ふいに背後から自転車の気配がして、何かと思ったら、さっきのポリ公だ。
奴が言うには、
「さっき目があったら目を伏せましたよね。身分証明書、見せてもらえますか?」とぬかしやがった。
俺は頭に来て、
「ふざけんな!暇そうにしてたから、(ご苦労様)って挨拶してやったんじゃねぇか。
大体、大岡山界隈でこんな髪色してる人間を知らねぇのか!さては、てめぇ、もぐりだな。
交番に戻って上役に聞いて来い!」と言ってやった。

最近の僕はちょっと余裕がない。
今朝になって、ちょっと言い過ぎたかな、と反省してる。

BGM. 忌野清志郎「赤い原付」

12 Responses to “10月最期の頁(ページ)~2018”

  1. トモトモ

    先生こんばんは。
    ポリスマンはそういう対応するのも仕事だから、管轄区域の著名人は把握してなきゃダメですよね。
    私は職質されたことはありませんが、道を聞かれたり、キャッチセールスの人に声かけられたりはします。自分が不必要だと思う勧誘をバッサリと断るのは、ひそかな楽しみです。

    新しい仕事、1ヶ月もちました。
    今日も「もうダメだー」と悲しくなることがありましたが、良いこともありました。
    余裕はありません。次々と新しい課題が来るので。でも、初歩の初歩は、やっと少し身に付いた感じです。
    辛くなったら、一人じゃない一人じゃない、と唱えています。
    明日から2ヶ月目で、何か展開があって打ちのめされるかもしれません。怖いけれど、明日も仕事に行って、夜は診察に行きます。

  2. kawahara

    トモトモさん、こんばんは。

    職質されたことないですか?あれ、いやですよ。鞄の中とか、全部見られるんですよ。財布の中まで。
    断る権利は、勿論あるけど、そうしたら、やましい人みたいじゃないですか?
    それで最悪だったのは、みずほ、とのツーショットのチェキが財布に入れてあった時に、それを取り出そうとされた時で、
    僕は思わず、「汚い手で触るな!」と怒りましたよ。「みたいなら俺が取り出す」って言って、空中で見せました。

    新しい、仕事、1ヶ月ですね、お疲れ様でした!
    よく頑張りましたね。
    大人になると、あまりホメてもらえないだろうから、ホメてあげましょう。
    よく頑張りましたね!
    ではまた明日~

  3. riri

    大人になってからの職質はないですが、子どもの頃デパートの文房具売り場で万引きを疑われ、姉に袋の中身を確認させ、姉は入ってないと答え、でもその売り場のお兄さん、謝りもせず戻って行ったのがすごく屈辱的で恥ずかしくて悔しかったです。子どもだって大人と同じ感覚を持っているのに。同じか、むしろもっと鋭く傷つきやすいのに。しかもそれを言えないし。まったく、そういう大人って無神経にもほどがありますよね!!
     
    と、記事に刺激を受け怒っている私も余裕がなく、動揺しまくりエンドレス、でした。そのせいか怪我までしてなんだかなです。でも、一人じゃない、てそう思いながらここを開いたら、前のコメントの方が同じ言葉を書いてらして、なんかシンクロを感じてしまいました(勝手にすみません..)
    先生も怪我に気をつけて下さいね(私が言うか、ですが)。

  4. ボクシングファン

     以前も書きましたが、
    「患者様」は嫌ですよね、
    実は、今の薬局で最初は「ボクシングファン様」と呼ばれまして、
    別にこちらが何を言ったわけでもなく、
    今は普通に「ボクシングファンさん」です、
    まぁ、やはりそんなもんでしょう。(笑)

    もう一つ、川原先生と共有する嫌なことは、、
    その「職質」です。(苦笑)

    以前程ではないですが、結構よく職質されます。(笑)

    2年位前に、大岡山駅の構内で物々しい職質がなされていたのですが、
    (警察官が6人位)
    丁度、改札口とトイレの間辺りで声をかけられて、
    僕が「物々しいですね、何があったのですか?」
    と尋ねたら、その若い男の警察官はそれには答えずに
    とにかく背負いバッグを見せろという。

    ちょっと、先生と似ているかも知れないですが(失礼)

    僕はそこで「あなたの公務には勿論協力はするが、この時点では僕は容疑者ではないし、
    あなた方が守るべき一市民である、なので協力はするが同時にあなたも僕の質問に応えるべきだ。」
    と言って、「必ず現状維持で戻す様にと」釘を刺して、バッグを差し出すと、
    その警官は、、、
    「これには、そのつまり、私が手を入れると怪我をする様な危険物は入っていないですか?」
    と、ためらっている、さすがに僕は呆れて、
    「ちょっと向こうのベンチに行っていいですか?ここでは人目がつくし、中身が落ちて破損する可能性もある。」
    と、まともな要求をすると、
    その警官はボキャブラリーが無いのか?とにかくただ、ただ、制圧することしかしない。
    そのやり取りを横で見守っていた婦警さんが、
    「そうですよね~、実は〇〇駅で事件がありまして、、」
    と、説明し始めてくれました。
    バッグの中身確認もサッと済ませてくれて、
    「ご協力ありがとうございました。」と。
    そこで僕も「では、お仕事頑張って下さい。」とその二人の警察官に言って軽くお辞儀をして
    その場を後にしました。

    BGM. 泉谷しげる「黒いカバン」

  5. タイムマシンにお願い ホーム

    ハロウィンの事を考えていたら、謝肉祭って何だったかなと思って、カーニバルって、カニバリズムとなんか似ているから、ハンニバル・レクターっていうのかなって、よくわからないことを書きつつですね、お祭りって何よって思って。

    お祭りって恐らく、もちろん五穀豊穣やら神へのなんちゃらやらがあるんだろうけど、今でいうクラブとか合コンみたいな意味もあったんだろう(行ったことないからわからないけども)。あと、熱狂的なサッカーとか、アイドルのファンみたいな、日ごろの鬱憤のはけ口の役割をしていたのかなあ。だからハロウィンがああいう解釈になるのも仕方がないし、ある意味国は違えど本来の姿なのかもしれない。

    相撲も神がどうのとかは、お祭りと同じくあったのだろうけど、大正時代までは女の人もやってよくて、国技でも何でもない、プロレスと同じようなものだったらしい。それは歌舞伎も似たような歴史があるそうで、日テレの歌舞伎役者を子供の頃から追うやつも、ああそうですか、くらいにしか思わなくなった。落語は自由度が高いから、天才って言っていいと思うけど、世襲制でやっている奴に言うなよって、僕は思う。伝統なんて、宝石のように言うけれど、たいして大事ではない気がする。

    リンカーン大統領は「誠実な人」っていうイメージがあるそうだけれど、実際はワイロを渡したり、出世をだしに、対立する人を自分の味方につけたそうだ。だけどそれは、対立する意見の人たちとの折衷案をみつけて、救いたい人達がいたからそうしたらしい。リーダーというのは大変だなあと思う。

    なんか文脈がぐちゃぐちゃなんで、終わりますが(本当は詩の話を書くつもりだった)、相撲なんかやめちまえと僕は思うのでした。おしまい

  6. kawahara

    ririさん、OHA!

    子供の頃の万引きの「冤罪」ひどいですね。謝りもしない、ってのがムカつきますね。どついたろか。
    しかし、よく話せましたね。「そいつを言えたら、おしまい、です」。話す、離す、放す。

    人生はつくづく大変で、骨の折れることが多いですね。
    整形外科の医者が言ってましたが、骨折した箇所はくっつけば、前より折れにくくなるそうです。
    心と似てますね。僕も怪我が多い人間です。似てますね。1人じゃないですよ!
    また報告してね。

  7. kawahara

    ボクシングファンさん、OHA!

    この記事、まさに、リアル・泉谷しげる「黒いカバン」、じゃないですか(笑)
    でも、毅然とした態度で堂々と渡り合ってるのが、男らしいっスね!
    この婦警さんみたいに、ちゃんと説明してくれればいいのにね。簡単なことだと思うんだけど、ポリスマンよ。

    ちなみに、知ってると思うけど、僕がこの記事のBGMに選んだキヨシの「赤い原付」は、泉谷しげる「黒いカバン」、の替え歌です。

  8. kawahara

    タイムマシンにお願い ホームさん、OHA!

    渋谷のハロウィンは逮捕者7人だってね。
    警察官の警備なんて手厚くしないで、腹を空かしたカラス千羽と野犬100匹をセンター街に放してやれば良かったのに。
    パリピがリアル・ゾンビになるのをドキュメンタリー映画にして上映したら観に行くのに。

    なんて思ってもいない冗談はともかくとして、大平さんに、「昨日、渋谷、行った?」って聞いたら、「行くわけないじゃないですか!」と怒られました。
    そんな朝です。
    寺山修司の映画や舞台には、よく小人や女相撲の人が出てましたね。

    コメントありがとう。気になるから、「詩のこと」書いて下さいよ。ではまたね。

  9. sin

    まぁ余裕が無い時、イライラする時はそんなもんでしょう。

    なんか警官とか自衛官ってケチをつけたくなるというか、公僕ですからね~

    でも今回のは挨拶したのに気付かず、追いかけてきて不審者は怒るよね~私も切れます。

    なんにもしてないのにいきなり高圧的な言い方は止めて欲しい。

    もっとマナー研修とかやってほしいもんだ。

  10. kawahara

    sinさん、こんにちは。

    公僕、って久々に聞きましたよ。いい言葉ですね!
    マナー研修かぁ、僕も受けなきゃかも。
    本当はみんなと仲良くしたいのに。

  11. 散文気分

    おはようございます。 晩秋に差し掛かり、もはや朝晩は冷えますね。

    昨日、宿直明けの帰り道。
    農家の”野菜スタンド”を物色し、『おいしいイモ』 なる、里芋を少しデカくしたようなのを求めてまいりまして。
    他にも 『コマシナ』、『メンクイン』 などなど、味わいアル手書きの品札を眺めつつ独りでニンマリとしながらも、合計で4品・450円ばかりの買い物をリュックに詰め、背負って帰りました。 昔ながらのミカンだけが150円。

    で、『おいしいイモ』 は夕食に煮て大変美味しく戴いたのでぃすが。
    止まらないのですね、排ガスが。 困ったモノです。 ・・・あ。

    さあ、 気を取り直してまいりましょう。
    気持ちの問題には(コホン)、これでも割と敏感(デリケート)なワタシです。

    昨年・秋、ある人に気持ちを贈りたい(≠ 伝えたい)、そんな 『都合』 が発生しました。
    しかし何が何でも 【金品】 にカテゴライズさせてはいけない、そんなミッションでもありました。
    ワタシなりに無い知恵を絞って思案し、カタチの上では 【物】 に仕上がりました。
    ので、その物を 『忘れ物』 として置き去りにし、相手の手元へ届けることに成功しました。 ・・・カタチの上では。

    数日後。
    『コレ、受け取れません』 と、物が戻ってきました。 続けて、 『気持ちだけ戴きます』 と。
    理由の説明はありません。 ただそうですか、と受領しました。 しかしその時の(・・・まぁ今も)ワタシにとって、物をなくして気持ちだけ・・・というのは全く意味がありませんでしたから、顔ではニッコリ笑ってても言葉は聞き流していました。 少なくとも、そう努めていました。

    一体何が 【検閲】 に引っ掛かっちゃったのかな?といったニュアンスのやり取りを、ほんの少ぉ~しだけしましたが、そんなことには全く関係のない雑談にかまける方が、より有意義な時間に思えました。
    ので、相手は本来で就業中のところを臆面もなく10分ばかり、ガッチリと身柄を拘束して喋り倒しました。
    何しろ先に 『散文気分さん、いま時間ありますか?』 と尋ねてきたのは相手の方なのですから。
    そこのところは有効に活用させて戴いたワケです。 そう、 転んでも泣かない。

    その物は今でもワタシのトコにあります。 普段は開けることのまず無い引き出しの中に。
    拾ってきた植物の種子を廃棄物(とっておいたダンボール小箱、セロファン袋、まぁまぁキレイな端切れ)のみで飾りつけただけの、やや乙女ちっく?な物なのですが。 でも、作っていてとても楽しい時間を過ごしました。 (※本心)

    よくワカラナイままの教訓もくっ付いたオベリスクみたいなものです。 違いましたか。 困りますねぇ・・・ ブツブツ
    以上、 『気持ちの問題』 について現場からの問題提起でした。 診察室へお返しします。

    P.S. ただ中身だけを 『はい。コレなーんだ?』
     と、渡していたら。 何も波風は立たなかっただろうと思います。 しかし、それでは性分に合いませぬ。
     中身はヒマラヤスギの松ぼっくりです。 適当に砕けてパラけてて、見た目はシックな コサージュ?っぽいの。
     ・・・やや乙女ちっくに語尾ってますが、行きがかり上で仕方なかったのです。 (※確信犯)

    BGM.Tommy february6 『Bloomin’!』

  12. kawahara

    散文気分さん、こんにちは。

    気持ちだけ頂戴して品物はお返しする~これは今のご時勢、しょうがないんだと思います。
    もっとも、僕は大学生の頃、好きな子の誕生日にバラの花束を年齢分贈ったら、
    彼女はご近所だから、当日、直接、それを返しに来ましたよ。
    品物だけでなく、気持ちも一緒に、お返しされました(泣)

    最近の女の子からよく聞くのは、男性からプレゼントをもらうと、いざ関係が悪くなると、男がキレて、
    「今までのプレゼント、全部返せ!」って言うんだって。そんな奴、男の風上にもおけないな。
    1000本ノックで、根性叩き直してやりたいですよ!

    昔、丸井のCMだったかな?女の子がコートを羽織って、それをパッと脱ぐと、
    自分の体にリボンを巻いてて、「私をプレゼント」みたいな、ちょっとエッチなCMがありましたが、
    あれも「お気持ちだけで」って言われたら立つ瀬ないっスね。

    PS.今はポール・マッカートニーが来日していますが、ここでビートルズ・なぞなぞ、です。
    「おならの温度は何度でしょう?」。正解は、「10℃」。「ヘイ・ジュード(屁、10℃)」。

    農家の野菜スタンドの描写、面白いですね。是非、そういう日常的なスナップもブログにアップして下さいよ。
    忙しそうだけど。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.