川原達二の十中八九N・G

手紙

10月 18th, 2018

18/Ⅹ.(木)2018 はれ オリジナルの、ジャニーさんの、なぞなぞを作った。

うれしい手紙が届いた。
むかーし、みてた女の子。あっ、もう女の子じゃないか。失礼しました。
彼女とは色んな話をした。
通院は彼女も忙しくなって、いつのまにか来なくなってたけど、ずっと大切に覚えていてくれた、という手紙。
そんな彼女からの良いニュース。
彼女への手紙の返信はすぐ書いた。
僕が時々、気まぐれに恩師に手紙を書くと、決まってすぐ返信をくれるから、その真似をしている。
きっと、年寄りだから暇なんだと思う。…そんな憎まれ口をきいてはいけませんね。
彼女には、楳図かずおの「わたしは真悟」の、まりん、と、さとる、が東京タワーから飛び移る瞬間のポストカードを使った。↓。

皆から好かれる人間などそうはいまい。頭では判る。
特にこういう仕事をしていると怨まれたり、悪口をどっかに書き込まれたりもよくする。
僕は性格的にあまりそういうのを気にしない性質だが、やはり気は滅入る。
わざわざ、丁寧に教えてくれる人もいるし(笑)

だけど、一人でも二人でも、この手紙みたいな患者さんの存在を確認できると、断然、張り切れる。
先日も、偶然、道端でバッタリ、昔の患者さんと会った時、「会いたかった」と言ってもらい嬉しかった。
今、通ってくれてる人の中にもそういう風に感じる人はいて、どっちが助けられてるか判りゃしない。
人間、もちつもたれつ、だ。
金八先生ではないけれど、人という字は支え合って出来ている。
人生、行って帰ってドン、である。

最後に、今日、作ったホヤホヤの、なぞなぞを。スキャンは、受付のうかいさん。↓。

BGM. ザ・ローリング・ストーンズ「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」

4 Responses to “手紙”

  1. sin

    むかーしみてた女の子、

    と書いてあったので、昔良くテレビで見ていた女の子か、近所か同級生で良く見ていた女の子かとおもったら、よく診ていた、だったんですね。

    漢字ってだいじですね。

  2. kawahara

    sinさん、OHA!

    仰るとおり!
    診てた子です。

  3. シンシア

    川原先生。
    私も、ながーく、診てもらっていた元患者の元女の子、今、女性(笑)
    私も先生にお手紙書いてみようかな。
    お返事来るかしら?

  4. kawahara

    シンシアさん、こんばんは。

    送るよ。
    僕は高校生の頃、「吉田拓郎のオールナイト・ニッポン」に往復はがきで、
    返信用のハガキにこちらの住所と名前を書き、
    「サイン下さい」って送ったら、数ヵ月後に、拓郎のサインが送られて来ましたよ。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.