川原達二の十中八九N・G

3/Ⅶ.(火)2018 暑い。歌丸死ぬ。早朝のベルギー戦、視聴率30・8%、占拠率驚異の87・8%。

九絵(クエ)も二度目なら、少しは上手に、定食の配分、考えたい。

九絵とは、「孤独のグルメ」という番組でも紹介されたことがある大岡山にある漁師料理の店だ。
クリニックに面する大岡山北口商店街はチェーン店が多いが、それと並行して走る北本商店街は名店揃いと評判だ。
その中の一つが、九絵。
九絵という幻の魚と、おやじさんが「エサじゃねぇんだ、食事を食わせてぇんだ」という意気込みの「食えー!」を
掛けてある店名だそうだ。
一見、ちょっとガラが悪く、引くが、根はいい人だ。

ランチの九絵定食は、分厚い刺身がタップリの野菜の上に盛られ、野菜はドレッシングをかけてサラダにして食べる。
その他に、煮魚、なめろう、卵焼きやキンピラ、あらの味噌汁、ごはんはおかわり自由で、2000円だが、
そのボリュームに驚かされる。
迂闊に行くと残してしまうが、二度目なら腹具合や食べる配分を考えて臨みたいものだ。
おやじさんが言うには、残す人もいるから、タッパーを持ってくれば、持って帰ってもいいよ、とのこと。結構、親切だ。

この店は素材にこだわっていて、とんかつ用の肉も良い肉を使っている。
おやじさんは、たまに、「とんかつにしなよ。アニキに、とんかつ、食べさせたいんだよ」と勝手にこちらのメニューを
決めてくる傾向もあるから、そこは注意して自分の食べたい物を頼みましょう。

ちなみに、冒頭のポエムは、今日のお昼にどこの店に行こうか考えた時に思い浮かんだもの。
受付のうかいさんと心理の原さんは、一回、連れて行ったことがあるから。

九絵(クエ)も二度目なら、少しは上手に、定食の配分、考えたい。

中森明菜の「セカンドラブ」のメロディーで歌ってもらえると、替え歌にもなっている。

BGM. 中森明菜「セカンドラブ」

16 Responses to “大岡山グルメ・パラダイス①~おなかいっぱい赤信号”

  1. トモトモ

    先生こんばんは。
    中森明菜の時代に私は全く歌謡曲に興味なかったので「セカンドラブ」も知らず、動画探してみつけました。替え歌になってますね。
    この前、『100年先まで残したい 日本の名曲3時間SP』というテレビ番組に志らくがコメンテーターの一人で出演してたので録画しました。一気に見るのは辛いので、少しづつ、飛ばし飛ばし見ています。志らくが喋っているところはたまにしかないので、そこを見逃がさないように気をつけて。カワクリのBGMで聴いたかな?という曲が沢山ありましたよ。

    今度の仕事、どうにかこうにか2ヶ月目に突入しました。たぶん、契約の3ヶ月は続くと思います。毎日必ず一つ以上は嫌なことがありますが、でも、どうにかこうにか。

  2. kawahara

    トモトモさん、OHA!

    中森明菜の時代は全然知らないですか?
    僕も86年以降~90年代はまったく無知です。
    だから、「安全地帯」と言われてもわかりません。
    志らくは、ひるおびコメンテーターの中でも唯一(?)W杯に関心がなく、よくやっていますね。

    お仕事、よく頑張っていますね!
    毎日必ず、1つ以上、嫌なことはありますか?
    小さなことでいいから、毎日、良いことを3つ見つける習慣をつけるといいらしいですよ。
    僕は、①ランチの店の女の子の愛想が良かった②珍しくポケットティッシュをもらった③救急当番が静だった。
    こうすると、分数でいう、分母が増え、結果的に、嫌なことの「濃度」が薄まる寸法です。
    認知療法の基礎を紹介してみました。

    仕事のことは、今度、ゆっくり聞きますね。ではまた~

  3. 散文気分

    おはようございます。 梅雨明け以来で、日中には風の強い日々が続きます。
    既に”うんざり”な段階は通り越し、無抵抗な境地にあるようです。 例えるならば、タイクツしたような表情で
     『風ねぇ・・・、 ずいぶん強いこと。』

    【大岡山グルメ・パラダイス①~おなかいっぱい赤信号】
    始まりました。 初回から『タッパー必須』を感じています。
    恐らくはこれから繰り出されるであろう、その殆どのお店がワカラナイのかと想像します。
    けどそれはそれ。
    わざわざタイムリーなうちに訪ね歩く用意はありませんが、何かの縁で『あぁ、ココ!』みたいな展開はあるのかもしれません。 なので次号からも楽しみにしています。

    P.S. 冒頭ポエム(?)は瞬時に判っちまいました。
     EPは『ミ・アモーレ』までなら所持しています。 酔っ払った昔日、フリスビー代わりに外へ飛ばしていなければ。
     CDやレコード達とは そのような別れ方もあります。  ・・・なんと! ありませぬか。 そうでぃすか。
     やれやれ。

  4. kawahara

    散文気分さん、こんにちは。

    風の強い日は、神様がお通りになるサインだそうですね。アニメ「かんなぎ」のオープニングがそうでした。
    散文気分さんは、明菜のファンですか?
    よくノーヒントで判りましたね。脱帽です。
    昔、EPレコードをフリスビーにして遊んでる人に、「そんなことしてるなら~」というアナウンスがかかるCMがあって、
    それは中古レコード店「ハンター」のCMでした。なつかしい…。

    今回の企画、「大岡山グルメ・パラダイス①~おなかいっぱい赤信号」には皆さんが驚愕する仕掛けを用意してあります。
    どうせバレるので、せっかくだから、ここでバラしてしまうと、
    この企画は①となっていますが、実は、②以降はないのです。
    どうですか?びっくりしたでしょう?(笑)

  5. タイムマシンにお願い

    自家用ヘリの調子が悪く、なかなか診察に行けない日々で残念です。
    さて、「テレビを見ない」と言うと「インテリぶってて感じ悪い」と思われることもあるようなので、誰も気にしてないだろうけど、私が気になるので釈明しておくと、ワイドショーとかニュースとかうるさくて、不愉快な感情になる番組が嫌いなだけです。
    この間NHKでやっていた「へそ曲がり昔話」っていうアニメがとても面白かったです。
    原作はチョコレート工場の秘密の人とたぶん同じだと思ます。日本語のDVDを売っていなくて残念です。
    ワールドカップを見ていて不思議だったのは、なんでアジア圏の人は小さく進化したのかなあ、ということです。美容整形の高須クリニックの高須先生の本を読んだら(ほとんど自慢話でしたが)、なんとなく合点がゆきました。
    あと久米宏さんがワールドカップの話をしているときに、アフリカからあるいて緯度が高くて寒いところに行った人たちは寒いから、鼻の穴を小さくして鼻腔を大きく、肌は白くなり、眼は青色となったようだ、というのをきいて、僕の「色白の美人は何故か鼻の穴が小さい」説をちょっと裏付けているかもと思いました、まあどうでもいいんですけど。
    久しぶりに歯医者さんに行ったら、受付に超美人がいて、歯医者さんあるあるだなと、思いました。

  6. kawahara

    タイムマシンにお願いさん、こんにちは。大平です。
    わたしも「テレビを見ない」派なので先生のかわりにコメントしますね。
    美人の話で思い出したんですが昨日クリニックの前で綾瀬はるかが撮影してましたよ。
    竹野内豊もいたのですが私は正面の姿が見れず、近くで見たうかいさんは髪型が気に入らないと言っていました。
    もし撮影している所に先生がうつっていたら役者より目立ってしまいそうで心配です。
    でもわたしテレビ見ないから確認しないんですけどね。
    自家用ヘリなおったみたいですね。いつもコメントありがとうございます。

  7. タイムマシンにお願い

    こんばんわ。僕が駆け出しの頃、彼がいらっしゃったことがあって(もう大昔だからいいだろう)見たこともない、毛のないワンちゃんを連れていました。田舎者の僕はやっぱり東京って芸能人がいるんだなと思いました。
    (これは誉め言葉です)先生や大平さんやカウンセラー、スタッフの皆さんの尊敬するところは、自分の内側に極力他人の情報を入れないってことなのかなあと思います。一人一人に感情移入していては体がもちませんからね。大平さんは社会人として、とても優れた能力の持ち主だと思います。
    ただ困ったことに僕は日ごろのフラストレーションを吐き出す場所がないのです。今思えばここへ書いていたのはそういうことなのかもしれません。病院にそれを求めるのは筋が違うだろうと思うのですが、それが叶っていたなら病院にはもう通っていなかったでしょう。残念です。
    一個上の記事で医師に必要なものは信用させるテクニックかなあと思いました。昔のようにはもういかないのだけれど。

    (ここからは書きたいだけなのですいません)僕は「おもてなし」という言葉が嫌いです。チップは要らない、サービスは無料ですって言っているようなものだから。大きい本屋さんの医療系のコーナーを見ていて、あまりに「クレーム対応」の本が多くて、ため息が出ました。やってもらって当たり前になってしまった日本が大嫌いで、宝くじが当たったらドイツに行きたいです。

  8. kawahara

    タイムマシンにお願いさん、こんにちは。大平です。
    毛のない犬って何種類かいますよね。世界一ぶさいくな犬も毛がない犬だった気がしたんですが・・・
    先生が教えてくれた「ざんねんないきもの事典」という本が面白そうです。
    「ゴリラは知能が発達しすぎて下痢ぎみ」や「ダチョウは脳みそが目玉よりも小さい」とか
    そんなことが書いてあるみたいなのですが、最近のこどもはこんな面白い本があっていいですよね。

    なぜ宝くじが当たったらドイツなのですか?医学が有名だからですか?
    それともビールとプレッツェルで乾杯したいからですか?

  9. あんころもち

    川原先生、こんにちは。
    「九絵」私も数回お昼に行きました。
    一番初めの来店の時にとんかつを他のお客さんと半分ずつして食べました。
    ご主人が、とんかつを注文したお客さんがなかなか来なくて(ご主人気が短め)それで私達に強く勧めてきたんです。注文したお客さんは、後から来たんですけど。
    とんかつ美味しかったですよ。
    ぶり大根は食べれなかったから、ジプロックをくださって、お持ち帰りしました。
    口は悪いけど、女将さんとご主人の掛け合いが楽しいですね。私は「アジフライ定食」がお気に入りです。
    無事手術が終わって、来月大岡山に行けたら、「九絵」に行こうかなぁ。
    7月24日が手術日です。先生のお誕生日あたりですよね。
    不安な気持ちがやわらいで、入院の前に予定していた旅行も楽しめるように、そして安定した気持ちで入院できるように。今は回復に努めます。

  10. sin

    九絵、行きたくなりました!
    前から気になってたんですよね。

    今度行ってきます。
    でもそんなに食えるかな???

  11. タイムマシンにお願い

    今のところ、これで最後の投稿にしようかなと思う、というのは、さようならという意味ではなくて、結局人は千差万別の考えを持っていて、答えの出しようがないからここに書いても不毛だ、という意味で、考え方はその時々で変わるから(て、前にも書いた気もするが)。
    精神科の先生が難しいなと思うのは、「彼氏にふられました、死にたいです」と言われたとき、これを病気とするのかしないのか、という時、人として医師として難しいだろうなあって。例えば心臓外科なんてのは一番わかりやすいですから、治りましたどうもありがとうございますとか、線を引きやすいですが、それ以外のほとんどの科は正直、その治療あってるかどうか誰も答えを出せているようでできていないのでは?と思います。ただ、科学的根拠がない治療法がいいとは言っていない。しかしながら、科学的根拠が嘘っぱちだったら?と思うこともある。
    ブラックジャックなんて絵空事だと思っていましたが、戦時中は衛生兵で手術をたくさんした無免許医の方が腕がいいなんてことはよくあったそうですね。
    僕たちは生まれた瞬間から、悪い意味ではなくて偏見的なモノの見方をしますね。そうではないと、むしろ世界とは何かの判断がつかないんですよ。
    大平さんの世代はかっこよくて、素敵と刷り込まれているものは、ある世代の特定の人は嫌悪感を感じる。いつそうなったのか、自分でよくわからない。だって物心つく前にそれが正しいと社会から教えられたのだから。トムとジェリーを久しぶりにテレビで見たら、アメリカ人はマッチョで強くて、インドのお友達はターバンを巻いて超能力みたいのが使える、ハリーポッターを見ると、人ではないからと平気で奴隷という言葉を使う、こうやって刷り込まれていったのかなあって思います。
    僕はドイツ人とか在住経験がある人がある時まで嫌いだったんです、とてもわがままだから。でもよく調べてみると「おもてなし」がない分、労働時間についてはものすごく法律で厳しく管理されているらしいんです。もちろんいいところばかりではないみたいですけど。短く説明できないですけど、プレミアムフライデーっていう言葉は結局どこかへ行ってしまいましたね。そんなことをただ言うよりは、1年間に30日有給取らせない会社は罰則を与えます、と決めちゃった方が現実的ですよね。だから、日本よりまし、と考えたのです。そんなわけで、そういうことをいうのは政治家になる人が言えばいいと思うので、身の丈に合った生き方をしていこうと思います。あと難しいことを考えるのをやめて東スポの愛読者になろうかな。

  12. kawahara

    あんころもちさん、OHA!

    九絵のご主人と奥さんって結構な年の差ですよね。ロケンロールです。

    7月24日は僕の誕生日です。
    だから、僕の生誕エネルギーを、オペ日に送りますね!
    人生、色々、大変だけど、頑張りましょう。

  13. あんころもち

    おはようございます。
    先生ありがとうございます。
    先月達郎のコンサートに行ったのですが、「みんな自分の健康とか介護とかいろいろ大変だと思うけど頑張ろうね。」って言っていて先生の言葉と重なりました。
    頑張ってきますね。

  14. kawahara

    sinさん、OHA!

    九絵と、「そんなに食えるかな??」のシャレですね!?

    カレーも自慢らしいですよ。
    サービスで、ちょっともらったことがあります。

  15. kawahara

    タイムマシンにお願いさん、こんばんは。

    松本人志は寝る前に落語を聞くのが日課だそうで、それも志らく、か、志の輔だそうです。
    ただし、歌丸が死んだ日だけ、歌丸の落語を聞いたとテレビで言ってました。

    たけしも、志ん生の本を出しましたね。
    コメントとまったく関係ないコメントですみませんでした。

  16. kawahara

    あんころもちさん、こんばんは。

    本当だ!達郎と一緒ですね(笑)

    もう我々くらいの世代になると、「スターとファン」も「主治医と患者」の関係性も、
    ちょっと脇において、
    付き合いも長いし、お互い支え合って生きて行こうね、という気になりますね。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.