川原達二の十中八九N・G

radio*大平編*

6月 8th, 2018

 

こんにちは、こんばんは。

本日の記事は受付の大平が担当します。
この記事はうかいさんのradio同様で途中で曲を挟みながら進行するので、
音楽を調べて聞ける用意をお願いしますね。

準備OKですか?では1曲目からスタートしましょう。

*Ed Sheeran 『Sing』*
♪~ 

 

なぜ1曲目がこの曲かというと、
2ヶ月くらい前に、先生とお昼ご飯を食べに行く途中
先生が「ピンポンは最後の音を発音しないけど、キングコングは最後の『ング』を発音するじゃん。
そういう言葉って他にある?」と聞いてきました。
私が思いついたのは「シングソング」。だからそう答えを先生に返しました。
そんな話しをしながらお昼の休憩を過ごしたのですが、あとになって思ったのです。
私はシングソングと発音するけれど英語を流暢に話す人が発音したら、私には『ング』の音は聞こえないんじゃないかと。

どうですか?皆さんは英語の正しい音って聞こえますか?

私はこのEd Sheeranの曲を初めて聞いたとき『シンッッ』に聞こえたんですよね~。

英語に慣れている耳をお持ちの人にはちゃんと『Sing』に聞こえるんですもんね。
外国に憧れる私には羨ましい限りです。

 

慣れといえば、私は最近慣れってこわいな~と思うことが2つあって・・・。

まず1つ目なのですが・・・

川原クリニックに置いてある本やマンガは先生が検閲してから待合室に置きます。
先生でも「大丈夫か?」と思うものは受付が判断することになっています。

ここで働き始めた頃はマンガやポスターで「これ大丈夫なの?」って思うものが溢れていた気がします。
例えばマンガでは『先生の白い嘘』の際どいシーンや
『死人の声を聞くがよい』のグロテスクなシーンでこんなの置くなんて・・・と思ったり、
診察室の宮沢りえのサンタフェや受付天井に貼ってあるモンローの記事も
これは目のやり場に困るではないか・・・と思っていたはずなのに・・・

 

いつの間にかそのマンガたちは私の中で刺激的なものにかわり、続きが読みたいと新刊がでるのが楽しみなっていたし、
裸体の女性はとっても綺麗で羨ましいなぁ~にかわるんですから。

境界線はどこですか・・・?

そんなことに気づかされたのが、先生がタコシェで買ってきたある本です。
タイトルは伏せさせていただきますが、ある大人の世界への入門書です。

「これ待合室に置いても大丈夫かな?」と先生に言われたのでいつも通り拝見。
文章は読みやすく、そんな世界も東京にあるのか~と思う、作者の愛が詰まった本だったのですが・・・

うかいさんには「大平さんは麻痺している」と言われ、

新しく入った増田さんには「表紙の絵からだめですよ。R18って書いてあるじゃないですか」と・・・

困りましたね~。
どこまでがアートでどこからがダメなものなのかがよく分からなくなっている・・・・
慣れって本当にこわい・・・

そんなこと言いつつ、本日『リアル風俗嬢日記 2巻』をマンガコーナーに仲間入りさせたんですけどね。

ではここで1曲聞きましょうか。

*椎名林檎と松崎ナオ 『おとなの掟』*
♪~

 

ではもう1つの慣れってこわいと思った話にいきましょう。

皆さんは大岡山の駅を利用していますか?

最近、東方神起のポスターが貼られていることに気付いていましたか?

これにいち早く気づいたのが先生で私に教えてくれたので、その日の仕事終わりの駅までの帰り道はウキウキでした。
駅に着き、ポスターを前に写真を撮ろうとしたのですが、私はハッとしました。
今の私は私服である。クリニックで着ているユニフォームではない。こんな姿を誰かに見られたら困る・・・。

そうなんです。普段の私は東方神起ファンを隠している訳ではないのですが、
話題に出たりしない限り自ら話さず、広告やポスターがあっても見つめるだけで10年過ごしてきたのに。
そっちの私に慣れていたはずだったのに・・・

ここのブログで東方神起が好きだ!会えたらノーベル文学賞を貰うより嬉しい!と発言してから
こっちの私に慣れてきてしまっていたんですね。

結局写真は撮らずそのことを先生に話したら、先生が2枚撮ってきてくれました。

では、その写真とともに!

*東方神起 『Reboot 』*
♪~

慣れっていろいろありますよね。
いつもと違うラジオ風ブログはまだまだ書き慣れなくて難しかったです。

ラジオといったら、はじめや終わりに決まり文句のような一言が入るような気がするので
私もうかいさんのマネでもして締めくくりましょうか。

皆さんは何か慣れってこわいと思ったこと、逆に慣れてよかったことはありますか?

このラジオは、みなさんからのお便りやリクエスト曲などを募集しています。
コメント欄を活用していただくか、受付で直接言っていただいてもかまいません。
お待ちしております。

それでは皆様、最後にこの曲を聴きながらお別れです。

*クリープハイプ 『ラジオ』*
♪~

 

9 Responses to “radio*大平編*”

  1. ボクシングファン

    ラジオネーム 「笑ってやって下さいボクシングファン」

    未だに慣れないモノ、あります、
    それは、、、「人参」です!
    何と言われてもダメなモノはダメなんです。(^^;

    全く食べられない訳ではないのですが、
    (コールスローとかは大丈夫です。(^^ゞ
    加熱されて甘味のあるヤツ、、つまり人参好きの人が「美味い!」
    と感じるそのテイストがそのまま「苦手」なんです。(^^;

    なので、「人参が苦手なのは本物を知らないからだ、
    本当の美味い人参を食わせてやる。」
    と言われた日にゃぁ、お断りする口実を必死に探すのが大変なのですが、
    まぁ、今まで生きて来てそんなこと一回あったけかな?
    位なので、そんな心配は無用なのですが、
    問題は、、
    例えば、何かの会合とかで仕出し弁当みたいな食事が出される場合ってあるじゃないですか?
    基本、残すのは嫌なので苦手なモノを(まずは不味いモノから
    手っ取り早く口の中に放り込み、片づけてしまうのがいつもの処し方なのですが、
    そんな裏事情があるとも知らず、その食べ方が「人参に目がない男」
    として目に映ってしまうらしく、
    初対面の人の好さそうな年上のご婦人から人参を賜ることは度々あり、
    人参の不味さの処し方の拙さで憂き目に遭うことはこれからもありそうです。(涙

    大平さんはそんな感じの「苦手」って何かありますか?
    例えば、焼いた椎茸は大丈夫だけれど、椎茸の出汁がダメとか、
    普段あまり人には言えないけれど、局所的に共感を得られるやつ。
    ちなみに、僕は椎茸はどちらも大丈夫です。

    リクエスト曲♪ なぎら健壱「いっぽんでも ニンジン」

  2. sin

    う~ん、折角の大平ラジオなのに、流れてる曲が1曲も分からない、今度クリニックで流して欲しいな。

    慣れ、ですね、うん慣れは怖い。
    調子にのると自分できづかないもんね。
    でもそのお蔵入りになった本が気になるので今度聞きにいきます。

    あと、タコシェってなんですか? 本屋かサイトの名前かな? 教えて下さい。

    あと、クリニックにある漫画は私も思うのですが、ネガティブ系が目立つようなきがします。
    あの、お母さんが親戚の子供を崖から突き落とすやつとか。

    これはあえて、先生の戦略なのかききたいですね~。大平さん知ってる?

    たまにはガハハと笑うか、感動ものもいいのでは!

    そうだね、リクエスト受付してたよね、昔のブログで書いてあったような・・・・

    因みに私の一番怖い慣れは車のスピードです・・・・260kmくらいじゃもう・・・・
    はやく300をだしたい・・・

  3. kawahara

    ラジオネーム 「笑ってやって下さいボクシングファン」さんこんにちは。大平です。

    私は嫌いな物や苦手なものがあまりなくて、食べ物ではパクチーが食べれないくらいなので
    考えても、共感してもらえそうな話が思いつかず、お返事が遅くなってしまいました。
    しかし、「人参に目がない男」とは逆のような話ならたくさんあるんですよね。
    好きだからとっておいたのに食べられてしまうとか・・・。
    高校生の時、解剖の授業でボーとしていたらそういうこよが苦手だとクラスメイトと先生に勘違いされ
    その授業の時間すべてぼーっと過ごすことになったりとか・・・
    私は好きなのに苦手だと勘違いをされてしまうことの方が多いようです。

    リクエスト曲の「いっぽんでもニンジン」は「およげたいやきくん」のB面だったんですよね。
    丁度、川原先生と印税の話でこの2曲の話をしたばかりだったんですよ。

    コメントありがとうございます。

  4. タイムマシンにお願い

    最近テレビも新聞も見ないので、受け売りで、みんな知っている事なのかもしれませんけども、BTSがビルボードチャート1位だそうで。音楽が今どきな感じはわかるんですが、英語がわからんので、感想が言えないけれど。アジア人を西洋人がキャーキャーいうのってとても珍しいことらしいですね。

    ———————–ここから下は独り言————————————————————–
    最近好きな日本のラジオCM・・・時間がある方は聞いてみてください
    http://www.kincho.co.jp/cm/radio/uranai_series.html
    右下の金鳥少年もなかなかのあれです。

    ヒップホップって日本の、よう知りませんけれど、和歌とか俳句とかに似ている気がしました。アンサーソング作るところとか、感情を詩に乗せるところとか。ラジオもDJと昔言っていましたが、レコードAとレコードBをお話でつないでいたから、そう呼ばれていたんだそうです。

    坂本九さんは上を向いて歩こうと歌っていましたが、隣のホームを何気なくみたら、待っている人がほとんどスマホをみていて(待ち時間が長いから)、下をみていたので少し面白かったです

  5. タイムマシンにお願い

    一個書き忘れました
    前にテレビでパクチーはベトナム(でしたっけ?)ではパセリみたいなものだから、ベトナム人から見るととても変に見える(入れすぎ)というのを見て、とても面白かったことを追記します。
    日本語のタトゥーが変なのと似ているなあと。ああ、これも独り言です。まあ、どうでもいいです

  6. kawahara

    sinさん、こんにちは。大平です。
    1曲も知らなかったですか。youtubeで調べてみてくださいね。

    タコシェは中野ブロードウェイにあるマニアックな本屋さんです。
    先生行きつけなので、先生との会話にはよく出てくるんですよ。
    私や他の受付も行ったことはないのですが慣れってこわいですね。会話によく出てくるのでふつうに使ってしまいました。

    戦略の件ですが先生に聞いてみたら「カワクリは先生のおうちというコンセプトだから先生の好きなマンガをそろえている」そうで、リクエストには答えないそうです。

    ちなみにsinさんの車のスピードすごいですね。想像すると・・・こわいです。気をつけてくださいね。
    返信のスピード遅くてすみませんでした。またコメントしてくださいね。

  7. kawahara

    タイムマシンにお願いさん、こんにちは。大平です。
    BTSは、この前、クリニックでも話題になりました。先生が近所のガチャガチャで見つけてきたからです。
    私のBTSの印象は「べつに・・・」です。これには理由があるのですが・・・・
    東方神起一本、一途な女ですと言ったほうがすてきなのでそうします。
    オススメ聞きましたよ。子供の声が可愛いのに言っていることが大人な意見で面白かったです。
    パクチーってパセリみたいなものなんですか。どっちもにおいがありますもんね。
    またコメントくださいね。

  8. papa

    どうも。
    Ed SheeranのSing、聞きましたが、ちょっとこれは・・・という感じがしました。でも悪くはないですね。
    耳が肥えてくると、どうしてもかなり好きなものでないと、受け入れられないところがあるみたいです。ごめんなさいね(笑)でもなあ・・・・・やはり川原先生の趣味が一番合うみたいですね。
    大平さんは、洋楽詳しいんですね。いつも見ていると、知らないアーティストが多くて。

  9. kawahara

    papaさん、こんにちは。大平です。
    私のラジオの曲聴いてくれたんですね。
    どんなところがちょっと・・・だったか今度教えて下さいね。
    川原先生と1番趣味が合うということを伝えたら「さすが、江戸っ子だね!江戸の粋がわかってる」と言っていました。
    でも、先生は湘南ボーイのはずなんですけど・・・しかも泳げない・・・。
    私は洋楽に詳しいわけではなく、最近の日本の曲に馴染めなくてあまり聴かないのでついそっちの曲ばかり聴いてしまうという。
    だからか、クリニックでかかる昔の邦楽の歌詞やメロディーがとても面白く感じます。
    クリニックでかかる曲の中にいくつか気に入ってる曲があるのですが
    その中の「ミラーマンの唄」がどうしても「や~ま~」に聴こえてしまいます。
    耳は洋楽向きなのかもしれないですね。

    いつもコメントありがとうございます。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.