川原達二の十中八九N・G

最近は、臨床心理士による「カウンセリング」が大盛況で、ウエイティングの方もいますね。
よく「川原先生の診察と、心理士さんのカウンセリングのちがいは何ですか?」と質問をうけます。

以前に、「診察とカウンセリングのちがい」を書いたことがあります。
しかし、これは読み物としては面白いと言ってくれる人もいましたが、
質問の答えになってない、という意見も多かったです。

それで色々と考えました。
皆さんにも色々と答えてみましたが、1番しっくり来る答えが、

診察は「保険内」の費用で、カウンセリングは自費。
診察は、その日の混み具合で待ち時間や「持ち時間」が変わる。混んでると、長くて10-15分くらいが相場。
それに対して、カウンセリングは決まった時間に始まり「50分」という時間が約束されてます。
日常生活で「自分のことだけ」をテーマに50分も話題にするなんてことは、まずありえません。
それを毎週やるのです。
たまにこちらの都合で(人気殺到のため)隔週や、月1になってしまう場合もありますが、基本は週1がおすすめです。
カウンセリングでは何を話しても良いのですが、それを継続することにより、「自分のテーマ」について掘り下げられるのです。
今はお金の使い方も皆さん考えてるようで、消費するのではなく、自分に投資する使い方をする人も増えています。

過去にも心理部門の紹介をしたキャンペーンがありました。
せっかくの機会なので、紹介しますね。

まずは、「カワクリ下克上コンテスト」。大平さんの「ファンファーレ」から順次、飛べるようにしました。

次いで、「つきなみトーク」。これも同様です。

大平さんとうかいさんの合作、「大平とうかいの、きっと浮かない」は心理テストの紹介です。

ほとんど、過去の記事の引用になってしまいましたね。
しかし、心理部門の記事なのに、こうやってみると受付はよく頑張ってくれてますね。

BGM. 小倉優子「ビタミンLOVE」

6 Responses to “診察とカウンセリングのちがい、ふたたび”

  1. sin

    この文章、受付の誰かが書いてるのかと思いましたが、最後まで読んだら先生が書いていたんですね。

    そうですカワクリシスターズは頑張っているのです!

    今度みんなをBBQに連れて行ってあげて下さい!

  2. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    そう言えば、ある受付は「顎が外れるくらい生肉を食べたい!」と言ってましたから、BBQは喜ぶかもしれないです。

  3. 散文気分

    こんにちは。 いつも拝読している読者です。

    私はカウンセリングを受け初めて8ヶ月になります。
    最初の4ヶ月くらいは毎回毎回、カウンセリング時の話題を考えて通院していました。
    そんなカウンセリング後の診察時には。 不思議と肩の力が抜けて、『今日は こんなことも話して来ました』のような、後日談チックなお話を、ほんの一部ですが していました。

    私は他者に対して ざっくばらんに話が出来たり、反対に出来にくくなったりもします。
    この冬以降の4ヶ月は、そんな風に後者な感じでした。
    以前までのように、話したい(話すべき)話題を持ち合わせての、通院が出来ません。

    ある時に先生が言いました。 (いっぱい いらっしゃる中での、たまたま私の先生ですね)
    『事前には何も考えずに、その時の感情(感覚)で お話されるのも、良いと思いますよ。』

    50分のワクですが。
    私の口先から言葉の出ない時間は、幸いにも今のところ殆どありません。
    多分、ある意味(ある都合)で、自分本位な時間の過ごし方を【約束】されているから(?)なのでしょう。  ・・・か。

    少なくとも私には他に無いんです。 そんな時間。
    そうした時間を過ごせることが、私にとってどう(好ましい)導きとなるのか・・・までは ワカリマセン。
    もう少し続けてみるつもりです。

  4. kawahara

    散文気分さん、こんばんは。

    なるほどです。
    原さんにも伝えておきますね~

  5. プロテイン至上主義

    僕はこれを読んでいて何かに似ていると思いました。
    それはアメリカ(がいいとは言わないけど)は医療保険は任意だから、病気に対しての意識が高く、結果としてスポーツジムが安くて、サプリメントが山ほど売っているということ、これに似ているなと思いました。
    僕は海外に行ったことがないのですが、向こうのドラマ見ていると、ごく自然にカウンセリングやセラピーを受けている印象があるので、日本でもっと気軽に受けることができるようになれば、大儲けができるのではないかと思うので、できることなら海外に視察に行きたいです。
    ひそねとまそたんがはじまるので、それではまた。

  6. kawahara

    プロテイン至上主義さん、こんばんは。

    明日はクリニックの「定例会」です。
    このコメント、きっと心理部門は喜ぶと思うので、話題になると思いますよ。
    機会があったら、海外にリサーチに行って教えて下さい。

    ひそねとまそたん、って何か知りませんでしたが、調べたら、いきなりアニメが始りました。
    ではまた~

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.