川原達二の十中八九N・G

10月も後半に入り、寒くなってきましたね。
秋晴れを願いつつ、憂ちゃんの衣替えと共に、わたしもカーディガンを羽織りはじめました。
受付うかいです。

 

 

この間、はたきを持ってお掃除おばさん化していたわたしは
クリニックにある、あるものに目がいきました。
それがこちらです。

 

クリニック入口付近のギー太が飾ってあるすぐ横にこの子がちょこんといるのですが
頭にはたきを当てていると頭の後ろに・・・

 

ん?この穴はもしや貯金箱?

 

 

あれ?スピーカーがあるってことは・・・

 

もしやお金を入れると音がでるのでは!?
お金を入れると声が出るピッコロの貯金箱を持っていたわたしはそう判断しました。

 

試しにいれてみると電池切れで音が出ませんでした。
そんなことを受付でやっていたら、川原先生が気がつき
上記のことを話したら、先生も貯金箱だと知らなかったみたいです。

 

先生はその怪獣のことを説明してくれました。
名前はゼットン。
ウルトラマンをやっつけた憎い怪獣。川原先生にとっても最大の敵。
新・格闘王と呼ばれた前田日明もゼットンを倒したくて空手をはじめたらしいです。

 

ゼットンの説明をされたときわたしは
「フリーザみたいなかんじですか?」と言っていました。

 

 

ヒーローには悪役・敵役がつきものです。
アンパンマンにはバイキンマン
ケンシロウにはラオウ
アムロ・レイにはシャア
シャーロックホームズにはモリアーティ
(ちなみにはわたしはつい最近までシャーロックホームズホームズが実在の人物だと思っていました)

 

上記の作品は、わたしはよくわからないので勝手な想像です。
ガンダムを最初から見た知り合いにシャアのことを聞くと
「シャアは微妙な立ち位置なんです!」
と言っていました。

 

【正義の反対は悪じゃなく、また別の正義】
というような台詞を何かのアニメで聞きましたが悪役もなかなか複雑みたいですね。

 

 

魅力的な悪役は、読者や視聴者の心を引き込み、惑わせ、虜にさせてくれます。
ドラゴンボールにはたくさんの悪役が登場していて
最終的にヒーローにやられたり、戦ったあと仲間になったりそれぞれですよね。

 

マンガでの最強の敵は恐らく魔人ブウでしょう。
しかし愛らしく、敵ながら「死なないで」なんて思ってしまったり。

 

一方フリーザは
独特な喋り方と自信と余裕たっぷりな態度。
圧倒的な強さと、その戦闘力を口にしたときのインパクト。
読者に恐怖感と絶望感を与えてくれました。

 

時代はバブル。
地上げ行為が社会問題になっていました。
宇宙一の悪党なら、宇宙一の地上げ屋にしちゃえ!と出来上がったのがフリーザ様です。
作者も気合を入れて描いた【悪役】だそうですよ。

 

部下を恐怖で支配し、弱者に対しても残忍で冷酷。
かっこいいとか、かわいいとかそんな感情はこちらに一切抱かせない徹底的な悪なんです。

わたしは、このフリーザというキャラクターが憎たらしくて大嫌いです。
でも悪役としてすごく好きなんです。

 

うまく伝えられませんが、徹底した悪ほどヒーローは倒すべきであり
こちらもヒーロー側に感情移入し、やっつけてほしい!とワクワクしながら
ストーリーを楽しむことが出来るのです。
そういう意味で、魅了される悪役としてフリーザを挙げました。

 

フリーザはひとまず置いておくとして
他にもたくさん魅力的な悪役はいますよね。

 

例えば、スターウォーズのダースベイダーは、それなしではスターウォーズじゃない
というほどの存在感です。
あの出で立ちや、登場の音楽、「コーホー」という効果音まで我々に染み渡っています。

 

ブラックレインの松田優作演じる佐藤も、敵役なのに主役を飲み込むかっこよさです。

 

ラピュタのムスカ大佐は名言も多く、未だにネット上ではコラ画像が溢れかえっており
愛される悪役です。

 

レオンのゲイリーオールドマン演じるスタンスフィールドはぶっ飛んでいて
最低なのになぜか魅了されてしまいます。
わたしは中二病の時、スタンスフィールドの真似でフリスクを食べて首をカクカクする動作をしていました(笑)

 

 

悪役のファンは多いです。
なぜ人は悪役に魅了されてしまうのでしょうか。

 

一つ。
フリーザのように作品の演出上、徹底的な悪がいると絶望感を味わい、
ハラハラドキドキワクワクさせられる。
ヒーローがより輝く。

一つ。
完璧な正義なんてこの世に存在しないと感覚的にわかっているから、
正義の見方が若干押し付けがましい。

一つ。
人の中にそれぞれある悪い部分や弱い部分、哀しい部分が
悪役のそういう部分と共鳴している。

 

わたしが今思いつくのはこのくらいです。
無い脳みそフル回転して搾り出したのはこれだけです。
腑に落ちる答えがほしいものです。

 

少しネットで調べてみたら
『悪役は単純に顔がいいからです。
イケメンじゃなかったら好きにならない』
という答えがあって笑いました。

ゼットンはイケメンなんですかね?

 

「お気に入りの悪役は誰ですか?」と聞かれたら
わたしはダークナイト(バットマン)のジョーカーと答えます。

皆さんはいますか?好きな悪役。

 

 

 

あ、ゼットンの貯金箱のお話でしたね。

 

新しい電池を入れ、お金を投入したら
なんだかよくわからない効果音が大音量で流れました。

 

診察中には厳禁ですね(笑)

 

BGM:影山ヒロノブ 「デストロン讃歌」

16 Responses to “わたしの戦闘力は53万です。”

  1. mayu

    うかいさん、こんばんは。
    悪役も結局顔なんですかね
    「可愛いは正義!」って言葉、前に流行りましたもんね。
    正義といえばファイヤーシスターズが浮かびます。

  2. 散文気分

    おはようございます。 過ぎましたね、台風。 でも、「過ぎたる は、及ばざる が如し」 などと言います。
    まだ台風が及んでいない地域では、通過に備えて注意しましょう!という警鐘ですな。 すでに違うと確信していますが、物事の良い面だけを見つつ、とっとと先へ進めましょう。

    さて。 BGM:の項にマウス・ドラッグし、右クリ・メニューからGoogle検索してゆくうちに。
    脱線して楽しんでいたのが 「仮面ライダーV3」 の怪人解説(by Wiki)でした。
    それら怪人の名前を次々に読み上げてゆく”だけ”でも、ご飯三杯は軽く食べられました。 カメバズーカ は、かなり以前に自分トコでも取り上げた記憶が・・・微かにあるのですが、 失念しちゃいました。

    なので。 朝ご飯をどうもご馳走様でした。 10点差し上げます。

    (註) 蛇足ながらも、リアル朝食は、アップル・パイの中(なか)をトーストに挟んでパクっとやりました。
       外(そと)の材料は昨日、 SEIYUで袋詰めしてたトコに忘れて来ちゃいました。 惜しいコトをしました。
       でも 台風に逆らって取りに戻る気になれなくて。

    あ、

    > なぜ人は悪役に魅了されてしまうのでしょうか。

    でしたね。 では、少しだけ飛躍させてみましょうょ。

    > なぜ女性は悪役に魅了されてしまうのでしょうか。

    などと細工してみました。 すると、

     『どうぞご自由に 魅了されちゃって下さ~い♪』 、 「必要ナイ、必要ナイ! ナゼなんて、必要ナイ!」

    などとなります。 魅了される自由ぐらいは誰にでもアルのです。 ・・・あ。 今回は女性限定でした。
    いわゆる レディース・デイ ですか。 また違いましたか。 困るなぁ。 ブツブツ・・・

    P.S. 某あふらっくの黒いアヒルは今でも うろちょろと、ぎゃあぎゃあと、うるさいのでしょうか。
     近ごろ見なくなって安心しておったのでぃすが。

    BGM. Gregg Allman 「I’ll be Holding On」

  3. papa

    こんにちは。
    ヒーローものではないかもですが、吸血鬼ドラキュラの宿敵は、ヴァン・ヘルシング教授というパターンがありました。今思い出した(笑)
    それにしても、ゼットンの話になった時に、「ゾフィー」って名前が浮かぶ人って何歳ぐらいまでかなあ? やっつけられたウルトラマンの上司みたいな? 人でゼットンの回に出て来ます。
    ウルトラも、よくここまで生き延びてきたなあ。と思う今日この頃ですね。

  4. ダークマター、ふと我に返る

    僕は丸の内のOLが、カーディガンを羽織って、長い財布を抱えてお昼を買いに行く姿が好きっていうのに、凄く共感した覚えがあります

    先生、ストレートにカウンターで返すのって難しいですね

    今日来た人は笑ってくれたので、50点というところです

  5. kinomoto sakura

    うかいさんこんばんは。

    済みません、切羽詰まってます。
    早い話、いっぱいいっぱいです。

    ドラゴンボール良いですね。向上心があるアニメで、
    強くなるために努力をする姿勢が励みになり面白いです。

    今、野菜不足のせいか、頭がガンガンして、目が指圧されている様で
    仕事も厳しかったです。今、ダウンしてます。

    丁度今、言の葉の庭見終わりました。エンディング見ながら書いてます。
    余り自分は頭が良い方では無いので、一回見ただけでは上手く感想を書けませんが
    出会いを求めて新宿御苑行くのも悪く無いかな~?と、よこしまな事を妄想しています。(笑)
    なんだか、このアニメは奥が深い!鵜飼さんは大人ですね!
    自分もがんばらんと。。。

    何だか受付にはいつも励まされてます。有り難いです。
    鵜飼さんの声、電話でポロッとつい可愛いね。と言ってしまいましたが、
    余り意識しないで下さい。いつものままでお願いね。ありのままで。

    では、明日も頑張りますか。

    BGM:GLAY  『ずっと2人で・・・』

  6. kawahara

    mayuさん、こんにちは。うかいです。
    「可愛いは正義!」流行りましたねー!
    悪役の場合は「※ただしイケメンに限る」でしょうか?
    ファイヤーシスターズは、兄が妹に正義を語るシーンは印象深いですよね。
    あの阿良々木くんの台詞は感心しました。
    コメント、ありがとうございます。

  7. ボクシングファン

     あんなに強かったウルトラマンがあっさりやられてしまったんですよ、
    それはもうショックでしたよ。(涙)
    聞いてはいませんが、多分その「効果音」こそがゼットンですよ。(笑)

    しかしさすがうかいさん、色々と詳しいですね。(笑)

    ちなみにドラゴンボールで好きな悪役は、ピッコロですね、
    あまり強くないし、結局いいヤツに成り下がってしまいましたが、(笑)
    そんなところが妙に人間ぽい?(笑)

    でも、ドラゴンボールは連載を伸ばし過ぎましたね、
    これは以前ここのブログに書いたのですが、
    同じボクシング漫画でも、
    「あしたのジョー」は不朽の名作、
    「はじめの一歩」は、、名作になった筈がやはり連載を伸ばし過ぎて、「迷作」に。

    人気があるからと言って、連載をやたら伸ばすのは、どうかなぁ〜って思います。

    いつもなら、もっと駄洒落とか捻り出してからコメントを書いて行くのですが、
    今はあまり考えずに書いています。(笑)

    あと、我々世代(勿論自分も)に人気があるのは、
    ハカイダーとか、、デビルマンも悪魔だからこその人気があるのだと思います。

    ブラックレインの松田優作は完全に主役を飲み込んじゃいましたね、
    あれは役柄と言うより、役者の意地とか執念とかがそうさせた様に思います。
    少しマニアックな話をすると、同作品にはガッツ石松も出演しており、
    石松は自分がプロボクシングの元世界チャンプだとマイケル・ダグラス達に自慢するも、
    あまり関心を持たれなかったのですが、
    「俺はロベルト・デュランと戦ったことがある。」と切り替えると、
    急に相手の反応が変わった、と言うエピソードがあります。

    書き始めると、結構出てきますね、
    悪ではないんだけれど、人間に疎まれてしまう、
    猫目小僧とか、妖怪人間ベムとか、
    影のある、そして報われないけれど揺るぎない「正義」は、
    結局人間が人間に向けて発信しているのですが、
    同時にやり切れない、頭では分かっていても、どうにもならない
    人間の宿命的な愚かさを突きつけて来ます。
    (どちらも悪役、そしてイケメンではないですね。冷汗)

    僕らが子供の頃、二枚目の代名詞と言えば「アラン・ドロン」だったのですが、
    代表作のひとつ「太陽がいっぱい」での主役なんかは超〜〜〜イケメンで悪いヤツですよ。(笑)
    悪い役でも、イケメンで人気があったいい例ですね。

    マニアックなところだと、「Gメン‛75」や「燃えよドラゴン」に出ていた、
    「ヤン・スエ」とか、やっぱり悪役でも人気があります。(笑)

    うかいさんの「人が悪役に魅了されてしまう理由」の考察は、
    3つともそうだと思いました。
    プラスするなら、、
    悪女に魅かれてしまう、その逆も然り。
    男も女もLGBTも人生のどこかで一度はそんな魅力、魅惑に翻弄されてしまう。

    で、話をゼットンに戻すと、最後のゼットンの全身写真は本物ではないですね、
    本物はもっとこう「シャキッ」と「シュッ」としています。(笑)
    それと、その後ろに控えているのは、バルタン星人だと思いますが、、、
    これにはちょっと、前記事の「精神科的ざんげ室」にも繋がるエピソードがございまして、、、

    自分自身では殆ど記憶していないのですが、どうやら幼少の頃僕は、
    バルタン星人のソフビ人形をやたら欲しがり、親や近所の僕を普段可愛がってくれていた
    大人達が結構あちこちのおもちゃ屋を探し回ってくれたらしいのですが、
    たまたま、在庫がどこも切れている状態で、手に入らない、
    それでも、ダダをこねていた僕に近所のおばさんが違う怪獣のソフビ人形を買って来てくれた
    そんな好意に対し、「これはバルタン星人に非ず!」みたいな文句を言って困らせたらしいのです、
    とんでもないガキですよね、親は何があると再三この話を僕に聞かせて、
    ボクシングファンがこんな息子に育ってしまったのは、あの時、
    バルタン星人で甘やかせてしまったからではないのか?
    と、本当に首を傾けて考えこんだります。。。

    短いコメントで済ませる積りがいつの間にやらこんな長文に、冷汗)

    最後に、うかいさんにクイズです、
    僕のコメントの中に一人?一匹?一体?異星人が紛れ込んでいます、
    それは誰でしょうか?

    答えが解っても、何も出ませんが。。

  8. kawahara

    散文気分さん、こんにちは。うかいです。

    すごかったですね。久々に台風らしい台風を見た気がします。
    そんな夜中のホラーゲームをし怖さ倍増でした。
    10点ありがとうございます!
    アップルパイ(の中身)サンド、美味しそうですね。

    散文気分さんのコメントにこちらも細工して
    「なぜ男性は小悪魔に魅了されてしまうのでしょう?」はどうですか?
    これなら【魅了される自由ぐらいは誰にでもアル】になりますね。
    スミマセン、この言葉とても気に入ってしまったので。
    ただ、小悪魔ってもう死語ですかね?

    あと、BGMすごく嬉しかったです!
    コメントありがとうございますね。

  9. kawahara

    papaさん、こんにちは。うかいです。

    ドラキュラは知っていますが、実はドラキュラの映画をちゃんと見たことがないんです。
    だからドラキュラが悪者じゃないのかな?とpapaさんのコメントで思いました。
    そして、ウルトラマンも見たことないんです。。
    なのでゾフィーもわかりませんが、川原先生がウルトラマンの最終回について説明してくれたときに
    その名前を聞いたことあるような、ないような・・・。
    今度受付で、ドラキュラやウルトラマンについて教えてくださいね。

  10. kawahara

    ダークマター、ふと我に返るさん、こんにちは。うかいです。

    丸の内のOLさんの件、すっごくすっごくわかります!
    憧れでした!
    ただ、わたしの中ではカーディガンじゃなくて、ストールです。
    なんとなく風の強い春の日ってイメージで
    ふわっとした茶色の髪と、羽織ってるパステルカラーのストールが風に揺れている感じが
    わたしのTHE★OL像です。

  11. kawahara

    kinomoto sakuraさん、こんにちは。うかいです。

    ドラゴンボールの戦士たちは強くなる為の修行を怠らないのでえらいですよね。
    あと、戦うことが好きっていうのも面白いポイントだと思います。

    お仕事お疲れさまです。
    野菜不足なんですね。
    ブロッコリーは万能野菜なのでオススメですよ。
    昨日近所のスーパーにブロッコリーを買いに行ったら
    「台風の影響で入荷が少ないため、お一人様1個まで」と書いてありました。
    ちなみに劇場版ドラゴンボールに出てくるブロリーは最強と言われています(諸説あります)が
    名前の由来はブロッコリーです。

    言の葉の庭、観たんですね!
    出会いを求めて新宿御苑へ行くのはいいと思いますが
    例のベンチでは作品に影響されて入れ替わり立ち代り写真を撮りに来る人が多いので
    落ち着いて座れないかもしれません。
    でも、これから紅葉の季節なので楽しめると思いますよ。
    コメントありがとうございます。

  12. kawahara

    ボクシングファンさん、こんにちは。うかいです。

    やはり当時の子供たちはウルトラマンがやられちゃってショックだったでしょうね。
    でもその頃の気持ちを覚えているのは大切ですよね。
    あの意味不明な効果音がゼットンなんですか!
    その音を聴いてみんな「???」って顔になりましたよ。一秒前まではウキウキしてたのに(笑)

    ドラゴンボールですが、作者はピッコロ大魔王編で終らせたかったみたいですね。
    ヒットに伴いジャンプも視聴者もやめさせてくれなかったみたいです。
    当時のジャンプ編集者は恐ろしかったようで、敵キャラは編集者に似てるとかなんとか。
    わたしもピッコロが好きです。
    大魔王は憎いですが、ピッコロを産んでくれたことだけは感謝です。

    ブラックレインの松田優作の演技は素晴らしいですよね。
    あの時はもう癌に侵されていて、痛みに耐えて内緒にしながら演じていたんですよね。
    でもガッツ石松のエピソードは知りませんでした!さすがボクシングファンさんなだけあります!

    太陽がいっぱいのアラン・ドロンかっこいいですよね!!
    ほんとひどい悪役ですけど、あの美形にはやられますよね。
    「リプリー」という映画があり、太陽がいっぱいのリメイク的な作品なのですが
    主人公がマット・デイモンで相手役がジュード・ロウです。
    最初はアラン・ドロンのイメージが強すぎて「おいおい逆なんじゃないの~?」なんて思ったりしましたよ(笑)

    「燃えよドラゴン」はもしかしてあの名言【Don’t think, feel】が出る映画ですか?
    ちょっと今週中に観てみます!

    最後の写真のゼットンは、銀竜バージョンみたいです。
    ↓商品説明の欄にはこう書いてあります。↓
    『ピンクカラーリング起用の背景は、当時大人気だった「ウルトラマン」ニーズは男の子だけに止まらず!!
    女の子にも大人気だった。 そこで当時のマルサンソフビ担当者が、女の子の為の怪獣ソフビとして打ち出したのがピンクの彩色の怪獣達!!
    そんなピンク怪獣の歴史は深いのですが・・・ なんと!!ゼットンではピンクのカラーリングは初なのです!!』
    そういうものとは知らず、わたしはずっと「なんかこの色気持ち悪い!!」と言っていました。すみません。。

    バルタン星人のお話しですが
    わたしも好きなものに対しての執着心が強いので、納得してしまいました(笑)
    むしろ今でもそうかもしれません。。。
    なのでそれをざんげとして扱えるのは大人だと思います。

    最後にクイズの答えなのですが、ピッコロもバルタン星人も異星人なのは・・・置いといていいんですよね?
    ん~~~~
    じゃあ【ガッツ石松】で!!

  13. ボクシングファン

    【ガッツ石松】!
    正解!と言いたいところですが、180度ではなく、360度回って違います。(笑)

    でも、発想が面白いので正解にしましょう。(笑)
    てゆーか、正解は面白くないですよ、多分。冷汗)

    嫉妬すらもはやわかない、まるで少女漫画から抜け出て来た様な美貌を持つ
    同じ人間、男とは思えないまるで異星人な?「アラン・ドロン」が正解、、、
    では、ありません、最近よく嘘をつきますね、良くない傾向です。冷汗)

    ヒントは、、、うかいさんが頑張って正解を捻り出しても、何も出ないので、
    つまり、これに関しては「タダ働き」です、
    と言うのがヒントですね、
    「ガッツ石松」や「アラン・ドロン」が出てしまってからだと、
    自分でも面白くなくなってしまいました、すみません。(苦笑)

    ドラゴンボールですが、うかいさんのその解説?を聞いて、
    自分の感覚が正しかった?と言うか的を射ていた?ことがなんかちょっと
    小学生的な得意気な気分になっています。(笑)(中二より更に若返った?(笑))

    話をゼットンに戻すと、
    「女の子の為の怪獣ソフビ」なんてのがあったんですね!?
    そんなマニアックなモノを当然の様に持っている川原先生ってやっぱり「タダ者」ではないな。(笑)
    でも実際、女子のうかいさんにウケが良くなかったその「女子向けゼットン」て
    どうなんだろうか?と、疑問が持ち上がりますが、(笑)
    でも、レアなゼットンを拝めたことと、うかいさんのゼットンに対する誤解が解けた?ことは良かったです。(笑)

    ちなみに、ゼットンの効果音って、蝉が鳴く声に似た音に、
    コンピュータ音が混じった感じではないですか?
    もしそうだとすると、ウルトラマンを通って来た我々男子達は、それを聞いたら、
    感涙にむせぶかも知れません。(笑)

    「燃えよドラゴン」はそうです、名言【Don’t think, feel】が出る映画です。(笑)
    ちょっとマニアックなエピソードを加えると、この映画で使われたオープンフィンガーのグローブは、
    今、総合格闘技(MMA)で使用されているグローブの前身とも言えるモノで、
    ブルース・リーが単なるアクターではなく、やはり真の格闘家であったと、
    未だにリスペクトされているゆえんの一つになっていますね。

    クイズは、ウルトラマンを通過した男子なら超〜簡単だったのですが、
    やはりジェンダーの違いって大きいな、と改めて思いました。
    でも、面白かったのが、その「女子向けゼットン」、
    少し大袈裟に捉えれば、そのソフビ人形そのものが今の世相、社会を反映しているな、と思いました。

  14. kawahara

    ボクシングファンさん、おはようございます。うかいです。

    昨日、どうしても答えがわからなくてウルトラマンに出てくる怪獣を調べてたら
    画像付きの解説サイトにたどり着きました。
    それを読んでいたらとっても面白くって、
    小学生男子がノートにオリジナルの怪獣を描く気持ちがわかった気がします。
    そして、答えはわかりません。。。
    正解待ってますね!受付で!

  15. sin

    ゼットンの微妙なサンウンド聞きたいです!!

    今度クリニックが暇なときにお願いするかもしれません。

    同じ昭和世代として、ゼットンがなんて叫んでいるか非常に興味があります。

    魅力的な悪役ですか・・・・

    そうですね・・

    レプカ(未来少年コナン)
    デスラー総統(宇宙戦艦ヤマト)
    ズォーダー?(宇宙戦艦ヤマト)

    この辺が良い味を出していた悪役ですかね・・・
    シャアとかは悪役ではないんですよね、それで言うとキシリアとかギレンなどが悪役ですね、あとマクベとか。

    あと子供時代に色々見ていましたが、忘れましたね。

    でもフリーザもベジータもピッコロも良い味だしてますね、あとギニュー特選隊とか。
    セルも強かったですね。

    この辺りは鉄板ですね。

    悪役なくして勧善懲悪のストーリーは成り立ちませんからね!

  16. kawahara

    sinさん、こんにちは。うかいです。

    そうですね、せっかく電池を入れたのにもったいないですもんね。
    聴かせてあげられる日が来るといいです。

    デスラーだけわかります!
    なんか、顔色悪い人ですよね??
    というかsinさん詳しすぎます!!
    勉強になります!
    コメントありがとうございますね。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.