川原達二の十中八九N・G

9/1は、18才以下の自殺者数が1年で一番多い日だそうだ。
そのため「死にたい」と思ってる10代の声に耳を傾ける番組を8/31の夜にEテレのハートネットTVでやっていた。
司会が、千原ジュニア、ゲストに大森靖子ら。
番組を見守る「お月様」のナレーションの正体は、しょこたん、だった。↓。
うちのブルーレイ・レコーダーのお気に入りワードに、中川翔子、と、大森靖子、が入れてあるからWで引っ掛かった。

まぁ、フツーの番組だった。
9/1から新学期(だから自殺が最も多い)という想定の上、8/31の夜にやることに意味があるのだろう。

自殺、は仕事柄、常に向き合っている問題だが、いつも思うのは、命かけてまで行く価値のある学校なんてないってことで、
行きたくなけりゃ行かなきゃいい。

いまどき、「すべての人間が平等だ」、と本気で信じ込んでる人は少ないと思うが、
人間誰しも、「自分の意志で生まれて来たんじゃない」、という点と、
「自分の望むタイミングでは死ねない」、という点のみにおいては平等だ。

そんな宿命に抵抗する手立は自殺くらいしかないのだとしても、失敗して生き残るとかえって面倒だったりするし、
成功するにせよ、死ぬまでは生きてないといけない訳で、決意してから死ぬまでの時間は恐怖だろう。

自殺をする勇気がないのなら、せめて安らかに死なせて欲しいものだ。
研修医の頃、精神科の主任教授に、「川原君、今後の高齢化社会で重要なことは何だと思う?」と質問された。
僕は少し考えてから、<安楽死ですか?>と答えたら、教授は、真顔で「惜しい!」と、うなった。
(ちなみに、正解は、「安心してボケられる世の中作りだ」って)

自殺と安楽死って、ニュアンスが似てる部分があると思う。

僕の通ってた医学部の教養課程では、「医療倫理」という講座があって、主に、
・「安楽死」と「尊厳死」の違い、とか
・ヒポクラテスの誓い、などが
テストのヤマ、だった。

安楽死は、医者が末期患者などに薬を用意して自殺幇助(ほうじょ)することで医者が関与したケースで、
一方、患者が同じ薬を自分で手に入れて使用したら、それは自殺になる。
尊厳死は、患者の意志によって延命治療を止めて自然に死を迎えること。
つまり、安楽死と尊厳死の違いは、医者が手を加えるかどうかの差。
ちなみに「ヒポクラテスの誓い」では、医者は誰に頼まれても決して死に至る薬を与えない、という項目があり、
安楽死は認めていない。
時代の移り変わりで価値観は多様化し、安楽死を認めている国もある。
スイス・ベルギー・ルクセンブルグ・オランダ・アメリカの一部・オーストラリア・カナダ・コロンビア。
この中でも、スイスだけが外国人の安楽死を行ってる。

末期癌の疼痛や、痛みの激しい不治の病の安楽死は、了解しやすい。
問題は、精神的な苦痛をどこまで考慮するかだ。
ステージは末期ではないが独り身でゆくゆくは老人ホーム、これまで幸せに生きて来たがこれからは不幸になるだけ。
それならば不幸になる前に逝きたい、という人が安楽死を希望したら?

何十年も連れ添った配偶者が末期癌で、本人は病気ではないが、配偶者のいない人生は考えられないと、
夫婦同時安楽死、が論争になったこともある。

ベルギーでは精神疾患や重症の「うつ病」などにも、安楽死、が認められたケースがあるという。

一昔前は、うつ病患者に自殺をしない約束をしたものだ。
うつ病の病前性格は真面目だから、「約束は守る」とか、「医者に迷惑がかかる」、ことがブレーキになると考えられていた。
随分と、性善説だ。

電車に飛び込むと賠償金とか、飛び降りは誰かをまき沿いにするからとか、が自殺を食い止めている場合もある。
しかし、本当にヤケになって、死ぬしかない人は、死んだ後の心配など知ったこっちゃない、のであるのも確かで、
精神科医がそんな浅い性善説に頼っていては、患者に見透かされて、「何もわかってないな」と見限られてしまう。

10代からODやリスカを繰り返し、精神病院に強制入院になり、病棟で首吊り自殺をする、なんてケースはよくある。
だから閉鎖病棟の持ち物検査は厳格で、ベルトや紐靴もNGだ。
それでも本気で死のうと思ったら、入院させても100%は防げない。
シーツを破ったり、舌を噛んだりするから。

もし、こういう人に、安楽死、を認めてあげたら、逆に抑止力にならないだろうか?
自殺が出来ない自殺願望のある人の最大の苦しみは、死ねない、という事実で、
「この薬さえ飲めばいつでも自分のタイミングで楽に逝ける」と思えば、結局死なないで済むケースも出て来ないか?

ただ難しいのは、自殺の意志や本気度は今日言ってることと5年後に言うことが全く違うことがあることだ。
「うつ状態」の時と、薬を飲んで「良くなった」時では言ってることが、180度違い、そのどっちが「本気」なのかはわからない。

安楽死はまだ日本では認められていないが、今後の動向はわからない。
早いうちから、「安楽死専門外来」、を立ち上げておくと、その道のオーソリティーになって、認可されやすいかもしれない。
だから、自殺を今考えてる人は、もう少し待てるなら、「安楽死専門外来」、に通ってみたらどうか。
医者が手助けして、無痛で20分くらいで苦しまずに死ねて、事故物件とか残された人にも文句を言われないで済む。
何なら、死ぬ前に、パーティーをしてシャンペンとか飲んで、思い出話に花を咲かして、皆に見守られながら毒薬を呑む。

自殺、と一口に言っても、「死ぬしかない」「死んでお詫びを」「消えたい」「死んでやる」などのバリエーションがある。
昔、「自分の葬式に誰が来るか?リスト」を作ったことがあるが、「死んでやる」という人には、それのリアル版で、
関わりのある人たちの「反省」の肉声を生前葬儀のパーティーで聞けるメリットもある。
オチとして、「なーしよ」も有りである。

この間、自殺願望の強い女の子に、「安楽死専門外来」を考えてるんだとフライング気味に話してしまった。
すると驚いたことに彼女は、「私はスイスに行きたいんです」と教えてくれた。
彼女は、どんなビザをとったらいいか、とか、手続きとかを一生懸命調べていた。
思わず僕は、<あなた、よく勉強してるね>って感心すると、
彼女は照れ笑いして、「そんなの皆、知ってますよ」と謙遜した。
彼女の言ってる「皆」がどの辺りのグループをさしているのかは疑問だが少なくとも「自殺」をあきらめて、
「安楽死」に希望を託す人たちがいる空間がこの世に存在してるようだ。

僕が、<色々と難しい問題はあるが、そういうことも考えているんだ>と告白したら、
彼女は、「それはとても安心しました」、「もう少し生きててもいいかな」、と言った。

繰り返しになるが、一番難しいのは、人間は状況に依存しているから、状況次第でコロコロ考えが変わったり、衝動的になったりする点だ。
だから、一時の勢いで重要な決断をしない方が良い。安楽死、もそうだ。
人間は信用出来ないが、中でも一番信用おけないのが「自分」だったりするものだ。
一生懸命生きてる人は一瞬一瞬を大切にしてる分、発言に一貫性がないのと似ている。

だから賢明なのは、自分のことをよく知っていてくれる人を身近に置いておくことだ。
家族や友人でもいいが彼らは思い入れがある分、ノイズが入るであろう。
だから、専門家に定期的に通い、そういうことにブレない恒常的な外部オプションを作っておくのが良いと思う。
それが、安楽死専門外来、の設立の理念。
ブラックジョークみたいに思うかもしれないけれど、「自殺」がこれだけ問題になっているのだから何かしなきゃね。

綾小路きみまろのギャグで、
「頑張りましょう。頑張るために生きてるんだもん。幸せになるために生まれて来たんだもん。ただ、幸せになれないだけの話し」
というのがあるが、命かけてまで頑張る価値のあることってこの世にあるんですかね?
幸せ、って言うけど、幸せの基準を決めてもらわないと、何をもって幸せというか判らない。

膣内に一度に射出される精子の数は、数千万~数億個で、それが日本の人口と同じ位で、
それで精子の時点で競争に勝って受精したのだから、生まれて来ただけで人間は「勝ち組」って言う人もいるけれど、
そういう人が数千万~数億人いるのだから、その理屈で自分を「特別」と思えるほど、お気楽にはなれない。

生きること死ぬこと、を考えるのは難しいですね。
「安楽死」はとりあえず、脇に置いておいて、「生きる意味」とか、「自殺は何故悪い」とか、
「人殺しは悪いのに戦争だと英雄になる矛盾」とか、このご時勢もふまえて皆さん、どうお考えになりますか?

そうだな、ソネさんの意見を聞いてみよう。ソネさんとは、よくそういう話をするから。
「なんで頼んでないのに生んどいて勉強しなきゃいけないの?」とか。

22 Responses to “カワクリ・裏メニュー③「安楽死専門外来」”

  1. シンシア

     川原先生
      この安楽死のブログのトップにコメントするのは、気が引けるけれど・・・。
      私も、ふと消えたくなることがあって、それなのに、いい歳した大人の私が、
      いろんな人に「私、薬飲むから。」とか、「私なんて、いない方がいいんでしょ」とか、
      みんなに同情ひきたがっていたけど、気づいたのです。そんな私が、他人にどれだけ不愉快で
      迷惑行為なのか。だから、そんな重い話は、絶対的秘密基地の川原先生のところでしか、口に
      しないことにします。
      カワクリのみなさんが、イラストを描いたり、先生も漫画を描いたりしてるみたいなので、
      私も、街で見かけたお気に入りのイラストを写メって、暇なときに、無心にまねっこして
      描きはじめました。無意味かな?って、思ったけど、結構楽しくて。
      辛いときに、無心になれるのは、私には、薬みたいなもの。
      自分より、上手にできる人をお手本に、目標に、ちょっとずつ、楽しいこと探しています。
      簡単にできるお料理も、達成感あるから、私には、合ってるみたいです。
      生きる意味。苦しいけど、自分との闘い・・・今は、それが、私の生きる意味です。

  2. あんころもち

    川原先生、こんばんは。

    私は母から親より先に死んではいけない。親より先に死ぬのは、親不孝と聞いて育ってきました。
    自殺すると成仏できないとか。
    私自身は無宗教ですが、死にたいと思った時は、母の声が抑止力になったような気がします。

    昨年の文藝春秋12月号で橋田壽賀子の「私は安楽死で逝きたい」をたまたま読んで、スイスに行くと安楽死できると知りました。
    その後最近のNHKクローズアップ現代にも橋田先生出演されていたのですが、「認知症になるのが嫌で、家族もいないので認知症になるぐらいならば安楽死で逝きたいけど、やっぱり生きたいから先生の処方する薬飲むのよね。死にたいなら飲まなければいいんだし。」と聞いて、なるほどと思いました。

  3. トモトモ

    先生おはようございます。難しいです。でも、コメントしたいのでします。

    安楽死できる確約があれば、自分自身は助かるなぁと思います。でも、闇社会で臓器売買されている話とかを考えると、殺人がより簡単になって本意でなく死んでいく人が増える予想が立ち、それは良くないと思います。
    クリスチャンの友人は、生死については神にゆだねる、と本気でそう思っているようです。そのとらえ方に感化されているせいか、「生まれてきたから、生きる」で割と納得がいきます。思考停止しているかもしれないけれど、単純な中に真実があるようにも思えます。

    未遂、してから40年くらい経ちますが、未遂で良かったと思っています。
    (もっと苦悩している方々からは、お気楽、に見えるかもしれません…。)

  4. 散文気分

    おはようございます。 ・・・には、少しゆっくり過ぎる時刻となりましたが、気にせずまいります。

    カワハラ先生から、同クリニックから・・・ といった特定/限定としてだけ感じられることなく、何かこう、もっともっと大きな事象からだって守られている・・・みたいだなと、そんな感覚(または錯覚:不本意ながらも。)にあることを気付かされる。 読んでいて、そんな感想のまま最後まで通していました。 多分、私がひねくれているからなのだろうと、希望します。

    私は自殺を考えたことがありません。 具体的にその遂行を意図し行動をとったことがないという意味です。 よって、当たり前のことですが私はこうして存在します。 ゆえに私は自殺を考えたことがありません。 考えていたならば既に存在していませんから。 そーゆー性格というよりも、性質なのです。 よね?

    そう訊かれましても、困りますか。 いやはや・・・

    > ちなみに、正解は、「安心してボケられる世の中作りだ」って

    素晴らしいと感じました。 脳内で『ハラショー!』と叫んでました。
    自らがそうしたサービスの受給者となる前に、なんとか頑張っておきたいものだなと・・・希望します。ハイ。

    P.S. 昨晩に『 法人化! 』の方へ書き込んで Submit したのですが。
    いつもの Your comment is awaiting moderation. に続く、書き込み内容の再表示とはならなかったのです。
    たまたま全文をクリップボードにコピーしてあったので、ペーストしてリトライ!してみたら、『 アルょ。』 と怒られました。
    あとから書き込んだ、ソネさんのトコには”開店待ち”が出来たみたいなので、ハテ??? となりました。
    なりませぬか? そうでぃすか。 困るなぁ。   まぁいいや、 ランチのことでも考えときます。

    BGM. 薬師丸 ひろ子 『 Woman ~”Wの悲劇”より 』

  5. kawahara

    シンシアさん、こんにちは。

    僕も蒸発したくなる時、ありますね。すぐ気化しますけど。
    イラストを描くのは良いことですよ!防衛機制で、昇華、という高級なものです。

    「生きる意味。苦しいけど、自分との闘い・・・」いい答えですね!!
    忘れちゃった時があったら、「あの時こう言ってたよ」と言ってあげれるようにちゃんと覚えておきますね。

  6. kawahara

    あんころもちさん、こんにちは。

    僕も同じ様なことを言われて育ちましたよ。
    橋田先生もスイス、行きたかったんですか。
    橋田先生の話、興味深く読ませてもらいました。なるほどですね。

  7. kawahara

    トモトモさん、こんばんは。

    臓器売買がありましたね。そういうのも考えないといけないかぁ、…こりゃやっぱ難しいです。

    クリスチャンでも自殺する人はいますよね。
    そういう人は教会でお葬式してもらえないって聞いたことがありますが、そういうのも歯止めになるのかしら?

    今朝の僕の落ち込み。にゃんこスターは恋人同士だった、というヤフーニュース。
    アンゴラ村長のグラビア楽しみにしてたのに。
    とりあえず、パソコンの待ち受け、佳子さま、に戻しました。

  8. kawahara

    散文気分さん、こんにちは。

    「安心してボケられる世の中作りだ」って、すごい良いフレーズですよね。
    僕は思わず、<政治家にでもなる気ですか?>と答えたものでした。

    「法人化」のコメントすみません。
    どうやら間違って、スパム、に入ってました。
    今、そこから救出して返信コメントと一緒にアップしておきました。
    今後はそっちもチェックする教訓にします。

  9. ダークマターはお空の星になったのよ

    20代の頃、川原クリニックに通い始める前にお世話になった先生に、なぜ私は生まれてきたのか的なことを訪ねたことがありまして、「そりゃあ、親がSEXしたからだろう」が答えでした。これ書いたことあるかな。

    長い間、納得がいかなかったのですが、今ではああそうかと思います。こればっかりで申し訳ないかつ、とても不思議なのですが、自分の年齢を表現するときに、IJもおやじとお袋が〇〇〇して○○年という表現をたまに使います。個人的にツボです。
    いろんな家庭環境の人がいるから、あまり掘り下げないし、そろそろ、私はここへ書き込むのをやめないといけないと思いつつ、まあいいか。

    女子の私服というのは、通勤用ではなさそうなやつ、結構致死的なダメージを与えますけど、こうやって書いてみると、本当にくだらないですね。

  10. kawahara

    ダークマターはお空の星になったのよ、さん、おっはー!

    親のSEXを想像するのは嫌ですね(笑)
    それと同じ位、にゃんこスター、交際宣言は今の僕にはショックで、
    喩えれば、教育番組のうたのお兄さんとお姉さんが、実はつきあってまーす、なんて爽やかに言われる事の戸惑いで、
    あらぬことを考えて、まともに番組をみれなくなってしまうのと似てます。

    それで昨日は一日、凹んでいたのですが、家に帰ったら、「(水)おはスタ」に、にゃんこスター、がゲスト出演してて、
    おそるおそる観たら、リズム縄跳びフルサイズのネタの他、(お笑いをリスペクトする)新おはガールに、
    縄跳びネタを教え一緒にネタをやるなどハートフルで、思った程、拒絶反応は出ませんでした。
    面白かったし。「おはスタ」に救われました。

    全国の幼稚園や小学校でこれをやって、それをテレビ番組のコーナーにして毎週流す企画にすればいいのに。

    と言う訳で、僕も単純なもので、パソコンの待ち受け、佳子さま、から、にゃんこスター、に戻しました。

  11. sin

    安楽死は絶対に必要だと思います。

    先生の前半で述べてる事は全てもっともです。

    人としての権利、もっというと人としての尊厳の権利です。

    もちろん誤解を恐れずに言うならです。

    政治家やテレビでこんな事を言ったら大変ですが私は政治家でもないので言わせてもらいます。

    ヨーロッパの先進国の対応は良いと思います。

    しっかりとしたシステムと法律を作った上で可能にするべきです(トモトモさんが言うように悪用する人、遺産争いなどあるからです)

    それにしても驚いたのはクリニックに通ってる女の子がスイスに行くことを考え、みんな知っていると言った事実、先生のいうとおりみんながどのレベルまで指してるか解りませんがきっとそういうコミュニティやSNSがあるのでしょう。

    あと先生の言っている自分の事をよく解っている人を身近に置く、家族以外、これ難しそうです。
    先生じゃ駄目なんですよね?

    となるといないかなぁ。

    あと、この世に命を懸けるものはあります。

    それは家族です。

    家族の為なら命を懸けられます。

    世間一般もそうです、我が子を救う為なら、火事場でも水の中でも、臓器移植でも。
    先生もきっとそうだと思います。
    ひいてはそれが戦争に繋がるんですよね、家族の為、それが国の為となる・・・・でも戦争はいやです。
    なくなってほしいです。

    自分の親や子供が出征するとなったらどんなに悲しい事か・・・・きっと生きて帰れないでしょう。

    なので家族には命をかけられます。
    なので家族を殺したやつがいたら絶対に殺します。
    法律が許しても私は許しません。

    以前私の知り合いで網走刑務所の刑務官をやっていた人がいます。
    その方は定年退職をして同じアルバイト先でバイトをしていました。

    その方も言ってました、
    人を殺した奴は死刑だ! みんな殺された家族と会ってないから死刑反対なんていえるんだ、その人達と会って話をしてみろ、死刑反対なんていわないぞ、絶対!

    重い言葉でした。

  12. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    sinさんは家族をとても大切にしますよね。
    以前にも同様のコメントをいただいたのを記憶してます。
    見習わない、と。

    ところで、立川談志は生前、
    「死刑廃止論者から死刑にしろ」とか、
    「仇討ち制度を復活させろ」などと言ってました。

    仇討ちは、時代劇でよく観たから、きっと皆、心の奥底で願ってたり、カタルシスなんでしょうね。

  13. ダークマターはお空の星になったのよ

    ある社長が朝自分の会社に出勤したらですね、従業員が一人も出勤していなかったんだそうです。いろいろ不満があったんでしょうね。

    もしかしたらですね、「庇護の対象」のそねさんが、「ぶちかましてやるぜ」と男らしく虎視眈々と記事を書いているかもしれないですけど、とても奥ゆかしくて、海よりも深くやさしい(脳内エフェクトをかける)私は、あんなかわいらしい子が、上司にムチャ振りされて、(髭をつけて)「チミ、チミ、ステージの上で絶対に爆笑する話をしたまえよ」と言われているようにしか見えず、ハートが悶えます。

    ので、無記名で、短くていいから、同じテーマで従業員全員に書いてもらったらどうでしょうか。

    あれであすよ、擁護のつもりです、大変ですね、そねさん、さぞお辛いでしょうっていう、だって俺やってくれって言われたら嫌だもの。

  14. kawahara

    ダークマターはお空の星になったのよ、さん、こんばんは。

    僕の見立てでは、こういう記事は彼女が一番適任だと思うのですよ。
    ご想像の通り(?)、彼女は今、奮闘中です。
    曰く、「魂を削って」、記事を書いているそうです。

    他の人は、他の記事を仕込中です。
    お楽しみにお待ち下さい。

    ダークマターはお空の星になったのよ、さんは、やさしいですね。

  15. sin

    そうです!それもいいたかったんです。

    仇討制度は厳格な法整備の元、実施すべきです。

    そしてそれを公の場で行い国民に公開するべきです。

    ですが、相手が強い場合もありますので、仇を討つ方に有利な条件にする事が必要だと思います。

  16. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    大岡越前などの時代劇だと、裁きが下ったあと、父を殺された兄妹がハチマキして、お白州に登場し、
    「父の仇~!」って立ち向かうけど、相手(悪人)が強いから、こっちに助っ人がついていて、悪人を斬り付けて、
    最後のとどめを子供たちが刺す、というのが定番でしたね。

  17. トモトモ

    先生こんにちは。
    キリスト教では自殺は×ですね。私は洗礼受けてないし、通っている訳ではないので、自殺者のお葬式のことはわかりません。

    全く話は変わりますが、今夜から倉島颯良が高校生役で出演するドラマ(日テレ・『先に生まれただけの僕』)と、松井愛莉が”エロ小悪魔教師”役で出演するドラマ(テレ朝・『オトナ高校』)が始まりますね。初回スペシャルの為、3分だけ放映時間が重なってます。私はあまり出番ないかもしれないけれど、颯良の方を録画予約しました。
    告知動画です。
    https://mobile.twitter.com/sakibokuntv/status/918680178582175744

  18. kawahara

    トモトモさん、こんにちは。

    倉島颯良のドラマ、観たいと思います。教えてくれてありがとう!

    ブログの告知ですが、ソネさんは2つも記事が出来てしまい、それをくっつけるか、どちらかにするか、で迷ってる最中です。
    それより先に、大平さんが、「10月の模様替え」をお送りすることになりそうです。
    目玉は、診察室、です。詳しくは、大平さんの記事をお楽しみに!

  19. 猫と肉球

    川原先生
    具合が悪くて早く寝たのに、ものの一時間程度で激しい胃痛とともに目覚め
    胃薬を飲み、真夜中に痛みが治まるのを待ちながらブログを読んでいました。
    わたしは、現在も進行形で死について考え 時に本当に居なくなろうとしてしまいます。
    やはり、先生が昔話してくれたようにわたしには「死神でもついてるんじゃない?」説が
    頭をよぎります。
    ただ、自殺する人の全てが記憶がある訳ではないという事を皆さんにも知って貰いたいです。
    実際わたしは、記憶のない自殺を二回経験して居ます。
    よほど記憶に残したくなかったのか、あまりに衰弱して記憶が飛んでしまったのか。。。
    今でもその原因は分かりません。

    もう少し話したいところですが、胃痛がいつまでも治らず辛いので
    話の途中ですが、失礼します。

    安楽死、今のわたしはまだいつでも出来るならそうして欲しいです。

  20. kawahara

    猫と肉球さん、こんばんは。

    この記事を書こうと思ったのと、少し閉鎖病棟の描写をしたのは、過去のあなたのブログに影響されてなのです。
    ではまたコメントして下さいね。

  21. にゃーこ

    お久しぶりです。先生のブログ記事、いろいろな事が書いてあり、楽しみにしています。
    スイスは外国人でも安楽死をみとめているのですね。
    知りませんでした。私はいい歳していまだに消えてしまいたい、と思う事が多々あります。
    長いこと生きていれば楽しい事がもありますが、なかなかポジティブになれないです。
    今通っている先生にここでは思いっきりネガティブな事だけ言っていい、
    と言われて、何とかしのげています。娘が今月末にスイスから帰国してくるので、また先生のお世話になると思います。彼女も少し大変な時があったので、宜しくお願いします。

  22. kawahara

    にゃーこさん、こんばんは。

    アップがおくれてすみません。
    ブログ、読んでてくれてありがとう。
    娘さんにもよろしく~

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.