川原達二の十中八九N・G

7/Ⅸ.(木)2017 くもり、時々、雨  アントニオ猪木、政府懸念を振り切り北朝鮮へ

8/26地上波で昭和vs平成のアニメ・特撮・マンガのヒーロー・ヒロイントップ10という番組をやっていた。
昭和は30代・40代・50代以上で、平成は10歳未満・20代というくくりで、各世代男女1000人・計1万2千人にアンケート。
1位3点、2位2点、3位1点の合計点で集計したそうだ。↓。

2012年の4月、フジテレビで「1億3千万人が選ぶアニメ&特撮ヒーロー&ヒロインベスト50」という番組をやった。
それは、1番好きなヒーロー・ヒロインを年代別(10代、20代、30代、…)にアンケート調査した結果をランキングで発表した。
調査方法が違うから単純に比較できないが、見比べてみると面白い。

2012年は5年前ですが、ヒロインの1位は、タッチの浅倉南でした。僕はこれがすごく意外でした。
僕の予想では、国民的ヒロインだから、「しずかちゃん」か「ちびまる子ちゃん」か「ワカメ」あたりかと甘く見ていたからです。
「全員、小学生!」というツッコミを受けました。
ちなみに、ヒロインの2位が峰不仁子で、3位が銀河鉄道999のメーテルでした。
「けいおん」の平沢唯と「涼宮ハルヒの憂鬱」の涼宮ハルヒは、「10代」に限りベスト10に入っていました。
総合で、綾波レイは8位、アスカは22位でした。ウルトラセブンのアンヌ隊員は9位とベスト10入りを果たしていました。

ヒーローは、3位がルパン三世で、1位がドラゴンボールの孫悟空とワン・ピースのルフィが同点1位でした。
仮面ライダーが4位。ウルトラセブン(5位)の方がウルトラマン(7位)より上位でした。
僕はガンダムは詳しくないのですが、シャア(12位)がアムロ(15位)より上でした。

しかし、ビックリしたのは、番組内では直接、採り上げられなかったが、画面の隅に映っていた、「70代」の1位の月光仮面。
少し笑った。
しかし、これをわざわざボードに書く意味はあるのだろうか?
統計には何の反映もしないと思うのだが。
大体、このアンケートがどういう方法で行われたのかは、番組では紹介されなかった。なので想像するしかない。
バイトが街頭で道行く人にインタビューをしたのかな?

70代と言えば、人生の大先輩だぞ。そんな方に対して、「あなたの好きなヒーローは?」なんて良く質問できたものだ。
俺は、そんなこと聞く勇気ないな。70代も良く「月光仮面」なんて真面目に答えたな。近頃の年寄りは、たるんでるのかな。
…などと、当時の記事に書きました。

私が憧れた女たち」というアニメの記事を書いたことのある受付のうかいさんもこの番組を観てたから感想を聞いたら、
「普通でしたね。マニアックじゃない。涼宮ハルヒ、とか入ってませんでしたね。国民的で意外と良かったです」と、
彼女は逆に面白がっていましたが、僕はやはり大規模アンケートの難しさというか、テレビと言う媒体のショボさを痛感しました。
やはり、これだけ価値が多様化してる世の中なのですから、有象無象を調査対象にせず、
多方面からガチのオタクを厳選してリサーチした結果を見たかった。うかい、さんの次回作(第2弾)に期待しよう。

しかし、ビックリしたのは、そんな嘆きや小言も吹き飛ばす、驚きのランキング結果!
昭和の19位「月光仮面」です。↓。
ここで豆知識ですが、「正義の味方」という言葉は、「月光仮面」の作者が考えたものだそうです。
それは、人間はどんなに頑張っても「正義」にはなれない。なれるとしたら「正義の味方、だ」という中々深い話ですね。

「月光仮面」がどの位置にいるか見てみましょう。
昭和・平成の最強ヒーロー・16-20位です。↓。

「月光仮面」が昭和のヒーロー19位ですが、ヒロイン19位はアンヌ隊員でした。↓。
前回はトップ10に入ってましたが、5年の歳月が順位を落しましたね。

平成のヒロイン19位は、まどマギの、ほむら、ちゃんでした。↓。

まどかは圏外でした。↓。

浅倉南は「平成生まれの17位」に入っています。さすが強いですね。↓。

ヒロインのランキングを続けましょう。
昭和11位に、エヴァの綾波レイ。↓。前回は8位でしたから、あまり変わらないですね。
そのかわり、アスカは圏外。マリの登場で票を食われたか?

平成の14位に平沢唯ちゃん。↓。「けいおん」からは彼女だけです。

下は、クリニックにある平沢唯仕様のギター、ギー太。ネックの部分に、平沢唯の名前が。↓。

ヒロインの11-15位です。↓。いよいよトップ10。

出ました!
平成の9位に、しずかちゃんです。↓。
前回は50位にも入っておらず、僕の予想が笑いものにされたので、リベンジした気分です。

平成の8位は、カードキャプターさくら、の、木之本桜、です。
これは随分、流行ったんですね、平成12年生まれの女の子の名前ランキング1位です。↓。
そういえば、僕は「命名」に興味を持ってた時期があり、
生命保険会社に頼んで、名前ランキングの冊子を送ってもらっていたことがあります。
以前の記事では、「南ちゃん」という名前の子がいる実話を紹介しました。

クリニックには、「しずかちゃん」も「さくら」もお馴染みです。下が、しずかちゃんコーナー。↓。

華麗なるヒロイン6-10位です。↓。

そして、3-5位。↓。

昭和の2位は、南ちゃんでした。↓。

平成の2位は、セーラームーンです。↓。

セーラームーンは、婚姻届もあるそうです。↓。

ヒロインの、トップ5はこうです。↓。

一方、ヒーローの昭和の9位が、アトムです。↓。
僕はリアルタイムで、アトムは観てません。
裏番組で、ウルトラマン、をやってたからです。
手塚治虫の家では、アトム、の時間にはテレビの前で、家族が正座してみる習慣だったのが、
ある日、息子が「ウルトラマンを観たい」と言い、お母さんが「お父さんの番組を観なさい」と叱りつけたら、
手塚治虫が<子供の好きな番組を見せなさい>と寂しそうに言った、というエピソードを聞いたことがあります。
だから僕らの世代は、アトム、はあまり知りません。

昭和のヒーロー5位は、矢吹丈、です。↓。梶原一騎作品で唯一、ノミネートです。
巨人の星、も、タイガーマスク、も入っていませんでした。やはり、あしたのジョー、も強いですね。
知らない世代の人のために、あしたのジョー、の説明は長く時間が割かれていました。
ボクシングセンスを見い出され不良少年からボクサーへと成長して行くストーリーと大雑把にまとめられてました。

そんな、ジョー、がトップ5に入った理由も、体が壊れながらも立ち向かう姿と分析。
ジョー、が得意としていた、防御をしないで相打ち狙いの、ノーガード戦法、も紹介。↓。

しかし、この戦い方は相手の攻撃をよけないため試合ごとにダメージが蓄積します。
それも衝撃映像で解説。↓。

パンチを受けすぎて、ボタンが付けられなくなるなど体がボロボロになる様子も。↓。

それでもリングに立ち、ついにつかんだ世界タイトルマッチ。↓。チャンピオンの名前は、ホセ・メンドーサでしたっけ?

しかし、最後には「燃えたよ…燃えつきたよ…真っ白にな…」と、この有名なシーンを生み、ジョーは死んだのか、
と議論が今も続いていると言ってました。↓。
そして作画作者の、ちばてつや、が登場して、「それは判らない」みたいなことを言ってました。
もっとも、ちばてつや、って梶原一騎の注文を間違えて、力石徹の体をジョーよりバカでかくしてしまったそうです。
災い転じて、で、そのおかげで力石の過酷な減量シーンが描かれたらしいので、何が幸いするか判らないですね。

あしたのジョー、で随分、盛り上がりましたね。
番組は、昭和の最強ヒーロー・トップ5の発表を続けます。
そこで出て来たのが、こういうアンケート番組だからしょうがないのでしょうが、これです。↓。

究極のスポ根マンガから、まさかの、ドラえもん、です。
そしてこのランキングの途中発表の絵柄。↓。
ある意味、この番組のすべてが台無しになった瞬間だ。
ここが一番面白かった。

BGM. 沖田浩之「燃えてヒーロー」

13 Responses to “アンケート、ジョーは5位。”

  1. kinomoto sakura

    先生こんばんは。

    駄目だ。。。寝れない。。。まぁ、こんな夜です。
    明日仕事だけど、何とかなるでしょう!

    僕の好きなアニメの女性を紹介しますと
    1位 エスメラルダ (聖闘士星矢より)
    2位 パイ (3×3EYESより)
    3位 エアリス (FINAL FANTASYⅦより)です。

    憧れのアニメ男性は、
    1位 一輝 (聖闘士星矢より)
    2位 ベジータ (ドラゴンボールZより)
    3位 ランバラル (機動戦士ガンダムより)
    今の所、こんな感じです。

    10代の頃から20年以上、エスメラルダは
    だんとつで一位!これは何故かブレません。
    彼女は、女の中の女、女性です。

    過去に、このアニメと似たような経験が有りますが、
    アニメって現実になる事って有るんだなぁ~と、
    運命を感じました。

    憧れの男性は、一匹オオカミ多いですね。(笑)
    僕は、単独で行動するのが好きみたいですね。

    匿名であの子のBGM使わせて頂きます☆

    BGM:μ’sで 『愛してるばんざーい』

  2. kawahara

    kinomoto sakuraさん、おはようございます。

    自分のランキング発表、ありがとう。
    これは面白い企画(発想)ですね!
    みんなも真似したらいいのにね。

    ところで、ごめんなさい。
    登場人物、一人も判りません。
    クイーン・エメラルダスなら、判るのですが…
    またコメントして下さいね~

    ps.そう言えば、「ラブライブ」はランキングしてませんでしたね。
    人数多いから、分散されちゃうのかな?

  3. ボクシングファン

    このブログを見ている人の中で、おそらく自分しか意識を向けなかったヒロインは、
    「麻宮サキ」でしょう。(笑)
    そして、アンヌ隊員よりもランクが上だっとことに少し驚きました。
    ただ、「麻宮サキ」はナンノだけではなく、昭和版で3名が主演しています。(笑)
    実は平成版もあって、松浦亜弥が映画版で主演しています。

    「矢吹ジョー」は先生がタイトルや内容に取り上げているので、否が応でも目に入ります。
    自分はその番組を見ていないので、どの様に紹介されていたか?詳細は分かりませんが、

    実は、ライバル力石との鬼気迫るシーンと、「ボタンが付けられない」シーンには、
    10年間の隔たりがあります。
    アニメ版「あしたのジョー」と「あしたのジョー2」です。
    「あしたのジョー」は、カーロス・リベラとの激闘を終え、ジョーが再びあてのない「旅」に出てしまう、
    と言う結末?だっと記憶しています。
    原作を読んだ人は、皆その終わり方には違和感や疑問を覚えたと思います。
    たぶん、大人の事情とかが理由だったのだと思います。
    「あしたのジョー2」は、力石戦のトラウマで、顔面にパンチが打てなくなり、ボクサーとして燻っていた頃、
    カーロスと出会う辺りから始まったと記憶しています。
    つまり、「あしたのジョー」の終わりと「あしたのジョー2」の始まりが被っていた筈です。
    ちなみに、「ボタンが付けられない」シーンは、ホセ・メンドーサのパンチに壊されてしまったカーロスが、
    自分でシャツのボタンが付けられなくなり、それを見かねたジョーが代わりにボタンをつけてやろうとして、
    ジョー自身もボタンが上手く付けられないことに気付き、愕然とするシーンです。

    何故?二つのアニメ作品に10年の隔たりがあったのか?実際のところはわかりませんが、
    ただ言えることは、「あしたのジョー」は再三再放送されており、
    再度人気がその辺りで高まっていたのは間違いなく、あと、大人の事情をあれこれ詮索すれば、
    原作者の意向とか、そんな様々な条件?みたいなことが整理されていったのだと思います。

    どうやら、その番組でも「あしたのジョー」で盛り上がり、時間も割いていた様で、、、
    自分もついつい、いつの間にか熱くなってしまっていました。^^; (笑)

    三島由紀夫も愛読者だった様で、、、あと、よど号ハイジャック犯も。
    とにかく、影響力は凄いですね。

    ドラえもんが4位と言うのは、偶然でしょうか?
    ドラえもんと言えば、四次元ポケット、
    やはり、破壊力の次元が違いますね。

  4. トモトモ

    先生こんにちは。

    自分が夢中になったアニメも漫画もあまりないので、ランキングは書けないのですが、「仮面の忍者赤影」とか見てました。テレビ番組の最初に、確か毎回、木下藤吉郎がどうのこうのというナレーションがありましたよね。我ながら、月光仮面に近い世代なのだなぁと思います(笑)
    ジャイアントロボもその頃で、我が家はまだ白黒テレビでした。

    我が子が見ていたアニメでは、(一番初めの?)セーラームーンの最終回。セーラー戦士達が苦戦しながらも力を合わせて戦うシーンで、つい泣いてしまい、こどもに呆れられました。

    ジョー、と、ドラえもん。すごい並びですね。

  5. kawahara

    ボクシングファンさん、こんばんは。

    やはり、「麻宮サキ」に目が行きましたか(笑)
    でも番組では、確か、斉藤由貴がヨーヨーを投げてましたよ。

    あしたのジョー、まとめてくれてありがとう。
    僕もあやふやで、<あぁ、そうなんだ>と何ヶ所か思いましたよ。

    ヒーローの定義って、人それぞれ、で良いと思いますが、
    僕は<あんな風になりたい>というお手本だったり、<なれないからこそ憧れる>という存在です。
    そういう意味で梶原一騎の描く主人公は、ジョー以外も「ヒーロー」です。
    梶原一騎作品に、英雄失格、ってマンガがありましたが、それもヒーローでした。

    そう考えた時、4位ドラえもん、ってどうでしょう?
    なりたいですか?ネコ型ロボット。

    おそらくこの結果に、天国で三島と寺山修司は泣いてるんじゃないでしょうか。

    4位=四次元、かぁ、うまいですね。うまいから、しょうがないや。

  6. kawahara

    トモトモさん、こんばんは。

    「仮面の忍者赤影」に、青影、という子供の忍者がいたのですが、
    僕の大学時代の同級生が青影に似てたから、
    「少年時代、子役で青影だった」というデマを流したら、あっつと言う間に学校中に噂が広まりました。
    そのデマのせいで彼は大変人気者になり、感謝された、思い出があります。

    子供番組で泣いちゃうことってありますね…。
    僕は「おかいつ」(おかあさんといっしょ)の歌のお姉さんが交代する時、思わずウルっと…。

    ジョーと、ドラえもん、すごい並びでしょ?
    受付から、「ところでトップ3は誰ですか?」と聞かれたのですが、
    あまりに4位と5位のインパクトが強くて、覚えていないのです。

  7. ランボーサクラダ

    ランボーサクラダです。

    自分も、あしたのジョーには多大な影響を受けました。 
    決して冒涜するわけではありませんが、少年マガジンでジョーが大ブームの頃のことです。

    自分は小学生で、床屋の待合で「あたしのジョー」という、漫画の単行本を見つけました。
    内容は、幽霊となった力石にノーガードで追いかけられたジョーが墓場の様なところで戦うという、ふざけた内容のものでした。決してメジャーな出版社の出したものではなく胡散臭さ満載の本でした。
    学校の友達たちに、その本の事を話しても誰一人知りませんでした。

    今となっては、あの本はジョー好きが極まった幻だったとさえ思えます。自分の人生の不思議な体験の一つです。

    因みに自分の最強ヒーロー、ヒロインは、どっこい大作とハレンチ学園の柳生十兵衛です。

    どうでもいい話でした。申し訳ありませんでした。それでは失礼いたします。

  8. kawahara

    ランボーサクラダさん、おはようございます。

    ランボーサクラダって何でしたけ?ケンドー・ナガサキでしたっけ?

    「あたしのジョー」は、赤塚不二夫も書いてましたよ。
    贋作専門の作家で、売れてる本と似た本を出して、間違えて買わせるのです。
    たとえば、「宝島」→「宝鳥」とか、「乞食王子」→「乞食玉子」など。
    そこに「あたしのジョー」もあった気がします。違ってたらゴメン。

    しかし、「あたしのジョー」の単行本を読めたのは自慢出来ますよ!
    若い子に、ドシドシ、自慢して下さい、マジで。

    どっこい大作、と、柳生十兵衛、笑いました。
    僕は、あばしり一家、の、赤黄みどり、が好きだったことを思い出しちゃいましたよ。
    ではまた、マニアックなコメント、お待ちしております。

  9. sin

    まぁ所詮は民放、どんなアンケートかわかったもんじゃない。

    わたしも一応広告代理店なので、ある大企業(ホームセンターの本部に営業に行ったときの会話、以下)

    いや~この間の社員の中での一番人気ランキング見ましたよ、まさかあれが一位なんて!でも言われてみれば確かに便利ですね~値段も安いし。

    某K社) いや~あれはテレビ局が勝ってに作ったもんで私たちはまったく関与してないんですよ~

    私) そうなんですか?

    K社) 多分あれがテレビ映えすると思ったのか視聴率がとれると思ったんでしょうね~

    って感じでした。

    まぁ民放なんてスポンサーと自分の局で放映したものとかの関係で捏造してるんでしょうね~

    その点NHKの方がまだ信じられるかもしれないけど、確か7月くらいに2週にわけて同じ企画をやっていたけど前後編あわせて6時間くらいあったのでみませんでした。

    わたしのランキングはこんなかんじです。

    kinomoto sakura さんのをコピペさせてもらいました・・・

    僕の好きなアニメの女性を紹介しますと
    1位 ナウシカ
    2位 ハルヒ
    3位 ベルダンディー(他同列多数)

    憧れのアニメ男性は、
    1位 アムロ
    2位 シャア
    3位 コナン(未来少年)

    まぁヒーローはどうでもいいんですけど、昭和生まれでナウシカが1位じゃないなんてありえない!もしくはトップ20に入っていないなんて!

    きっと日テレじゃない局だったんだな。

  10. kawahara

    sinさん、こんにちは。

    本格的なコメント、ありがとうございます!
    面白いですね!!

    ちなみに僕は、ナウシカ、は観たことないです。

  11. sin

    ないんですか!

    それもびっくり!

  12. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    結構、僕はそういうところがあります。
    ET、も、タイタニック、も、ガンダム、も見たことがないです。

    ヒッチコック風に言えば、知らなすぎた男、です。わかるかな~わかんねぇだろうな~。←ってのが、わかるかな?

  13. sin

    それはわかるよ。

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.