川原達二の十中八九N・G

となりの芝生

12月 2nd, 2016

2/ⅩⅡ.(金)2016  ふだんはその日一日を生きてるつもりでいるが、12月ときくと、やはり、12月だなぁと思う。

医局の後輩と話した。
彼も精神科の診療所を開いているが、最近は、保健所や校医や老人ホームなどの仕事が増えて、
自分のクリニックを開ける日が週に2日か3日で、それも不定期らしい。
<え~!>っと僕が驚くと、
「でもね、先生、そうすると皆予約通りに来るんですよ」と診療が実にスムーズになった、と笑っていた。

確かに治療とは相手がいて、双方向的なものだから、何でもこちら側だけの問題だと思うのは、
結局は一人相撲をとっているのと同じことで、ある意味、傲慢なのかもしれない、と考えてみたりした。

それなのに僕ら人間はどうしてこうも比べたがる?
それは解剖学的に目玉が自分の姿を見える位置に付いてないからで、自分を見るには姿見のような鏡が必要で、
容姿なら鏡で事欠かないが、その内容となると人間はまず他人という鏡に自分を映してみたくなる。

でも、それはいい加減なもので、比較なら他人としないで、以前の自分と比較した方が成長度合いとかは判るのに、
その方が実りがあるのに、わかっちゃいるけど、どうしても、となりの芝生は青くみえる。

BGM.ザ・フォーク・クルセダーズ「私の青空」

15 Responses to “となりの芝生”

  1. トモトモ

    先生、こんにちは。何となく不調ですが、昨日よりはマシになりました。

    ブログの内容とは関係ないのですが、自分が記憶だけで先生に言って気になっていたことの「元」をみつけました。
    談志が「誰か決めなかったらお前殺すぞ!って言われたら、(名前を継ぐのは)志の輔って言うだろうね」発言のことです。
    この動画は、”「談志の遺言」part2″ 、でYouTubeで検索すると出て来ます。
    山中秀樹が志の輔に談志追悼のインタビューしていて、そのなかで、山中秀樹のラジオ番組「時泥棒」(2009年〜2010年)に談志が出演した時の録音を流しています。
    そこで、確かに志の輔だと言ってますが、その前にまず、「死んじまえば誰が継ごうと俺は知らない。だけど、ある部分において、基本的な部分は志らくが継いでるから、と言うが、一般的に言ったら志の輔が継ぐのが一番良いんじゃない?」と言っているのです。
    気になったのでコメントしました。
    では、失礼します。

  2. kawahara

    トモトモさん、こんばんは。

    おお!
    面白い!!
    元ネタ探してみますね。

    それで思い出したのですが、談志が死んだ直後、志らくが、追悼会か独演会か忘れましたが、
    「談志の名前は誰にも継げない。私にという声もあって、有り難いが無理。談春兄さんにも無理。志の輔でも無理。
    その位、談志という名前は大きすぎる。どうしてもというなら、キウイ、に継がせちゃえ」と言ってました。

    貴重な情報をありがとう。
    ではまた~

  3. 散文気分

    おはようございます。 どうやら昨日には、少々の混乱を招いてしまいましたようで。

    しかし。 難解ホークスにシーズン・オフはありません。
     (今年はプレイ・オフがありましたが、あえなく敗退。)

    ・・・ご理解とご協力など、とても願えるよーな肩書きでは ありません。 俗に『自覚』などと呼ばれている、それではないかと、錯覚し続ける日々です。 ハイ。

    (コホン、)さて。 本日は近況の中でも内輪(超・自分本位)ネタにて失礼します。

     1.カワクリ待合室のモニター付近に貼ってある、『ベニスに死す』 の映画チラシ。
       (※あまりにも自分本位に徹するのもなぁ・・・ と、反省しますた。)
     2.藤沢市立南図書館の、祭日午後5時閉館の間際にスピーカーから奏でられる音楽。
     3.私の書(習字じゃなく 書です、書。 毛筆です。) 『第四楽章で午睡(ヒルネ)』 。
     4.昨日、選んで借りてきた、4枚のCD(全部同じだけど演奏と指揮者と年代がバラバラ)。
     5.9月の散文気分ネタ(解説のコーナー)、最後の一行。

    ・・・ともに、ある楽曲へ結び付きまする。

    P.S. ”聴き比べ”って、そのものが面白いし、なおかつ興味深いです。 ハイ。

    BGM. BRUNO WALTER(NEW YORK PHILHARMONIC/1947) 『MAHLER SYNPHONIE №5/4.ADAGIETTO:SEHR LANGSAM』

  4. 散文気分

    あの、やっぱり 『となりの芝生』 に思うコトについても、書いちゃいます。

     『見え過ぎちゃって困るから』   では、 ねぃのでしょうか。

    ・・・違いましたか。 そうでぃすか。 そりゎ失礼しますた。   (そそくさ・・・)

    P.S. でも、ピッカピカであまりにもよく”見える”鏡って、ちょっと恐いトコがありますから。
    自分を映す鏡は以前の自分じゃナイ、くらいがいいのかとも。 無意識にそうしている気もしますし。

    蛇足ながらも。私は自称・自虐系-神奈川代表なのでして。もぅ、しょっちゅーヤってます。 素人さんにはオススメ出来ません。にょろり。

  5. sin

    となりの芝生が青く見えるのは、個人的に先生みた主観からの感想ですが、

    ちょっと病んでるか、疲れているのか、自分に足りない部分を感じているのかなって思ってしまいます。

    で多かれ少なかれ人は他人の芝生は青く見えるものですが、

    今回の記事の内容でそれで青くみえるのならば・・・・

    ちょっといろいろあるんでしょうね。

    どうですか、今年のクリニックの年末年始は長めに訂正して、

    先生のリフレッシュも必要なのでは?

    先生が病んだら患者さんは路頭に迷います(スミマセンプレッシャーかけて)

    ちょっと頑張りすぎで、負担が出てきているのかもしれないですね、

    でも、私だけが言い切ることではないので、

    汲み取るか、聞いてみるかなんですかね。

    汲み取るのも聞き取るのも大変ですけどね、中々真実が見えてこないで、

  6. kinomoto sakura

    先生おはよう御座います。

    となりの芝生の記事を読んで感じた事を
    書かせて頂きます。

    まず今まで自分は20年間他人と何かを比べる事は
    余り有りませんでした。
    病気と言うもう一人の自分との闘いです。
    なので敵は自分で常に隣り合わせで生きて来ました。

    相手は常に自分より一歩先を歩いていて「どうすれば勝てる?」の
    試行錯誤の20年でした。
    最近は、相手の事が解かって来て相手との歩幅がだんだんと
    ちじまって行き自信に繋がりました。

    自分が思うには相手と比べてしまうとコロコロ目標が変わってしまうので
    確かな相手「自分」を意識した方が良いと思いました。

  7. kawahara

    散文気分さん、こんばんは。

    相変わらずの「難解ホークス」ぶりですね。
    散文気分さんのコメントのファンはきっと喜んでいるでしょう。

    ではまたコメントして下さいね。

  8. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    僕は普段は風邪をひかないので、GWや年末年始の連休にまとめて風邪をひいておく予定です。
    となりの芝生は青く見え、ねたましくなるのですが、「そうなりたいか?」って言うと、そうじゃないから性質が悪いですね。
    ではまた~

  9. kawahara

    kinomoto sakuraさん、こんばんは。

    立派なコメント!
    僕もそうありたいと思いました。

    だけど、ちょっと意味は違うかもしれませんが、ライバル、って欲しくなるんですよね。
    スポ根、ものを見て育った世代ですから。
    なんでも、世代のせいにするのは、僕らの世代の悪いところです。
    お互い頑張りましょう。
    ではまた~

  10. トモトモ

    先生、こんばんは。
    帰宅したらコメントが沢山アップされていて、おお!と思いました。

    「ライバルが欲しくなる」のですか。
    男女の違いというより、能力と自信と性格の違いだと思いますが、先生と同世代の私はライバル欲しくないです。
    理由は、自分が勝てると思わないから。
    人っていろいろだなぁ〜と改めて思いました。

    志らくの「まくらコレクション」、竹書房から文庫で出てます。楽しくて笑い転げました。
    1月30日(月)の志らく一門会は、志らく、志ら乃の親子会で、お江戸日本橋亭、午後6時半開演です。

  11. kawahara

    トモトモさん、こんにちは。

    まさかのお昼の合間に返信コメントです。
    志らく情報ありがとうございます。その日なら面接も終っているから行けそうです!

    ライバルで思い出したのですが、談志の何かの本の帯に「ライバルは、いね~よ」と書いてありました。
    一応談志のライバルとされた円楽はすごかったそうですね。
    これは、志らくに聞いたのですが、「芝浜」のまくらが「エイズ検査」だったそうです。
    客がふざけて、「そんなこと言って、円楽さん、エイズじゃないの?」って言ったら激高して、
    弟子に舞台に鞄を持って来させ、検査結果用紙を鞄からゴソゴソと出して、
    <ホラ、見なさい。>と客の前に検査用紙を突きつけて、客は泣いちゃって、
    そうしたら満足そうに、<と言う訳で、私はエイズではありません。お前さん、起きておくれよ>と、
    「芝浜」に入ったと言います。
    すごいですね!
    人っていろいろですね。

    だから、kinomoto sakuraさん、世代のせいではありませんでした。すみません。
    この場を借りて、訂正させていただきます。

  12. sin

    最近おつかれモードでやたらととなりの芝生が青く見えます・・・・・

    やばいっすね。

    なんとかしないと。

    それともとなりの芝生に乗り換えるか・・・・・

  13. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    まさかの診察の合間、夕方、コメント返信です!
    お疲れ様です。
    教科書的には、重要な決定は調子の悪い時にするな、ですからね。
    冬来たりなば春遠からじ、だし、止まない雨はない、というし、雨の後には虹が出る、というし。
    なんとか今をしのぎましょう。

    もうすぐ、長門が世界を改変した12/18になりますね。
    長門も、となりの芝生が青く見えたのでしょうか?
    ではまた~

  14. sin

    なるほど

    先生の言う事、いちいち、ごもっともです。

    頑張って今をしのぎます!

  15. kawahara

    sinさん、こんばんは。

    そうですね!
    なんとか今をしのぎましょう。
    12/18といえば、「涼宮ハルヒの大成」の発売日でしたね。
    僕はアニメ3期を期待して、お布施しますよ。
    ではまた~

Leave a Reply

Proudly powered by WordPress. Theme developed with WordPress Theme Generator.
Copyright © 川原達二の十中八九N・G. All rights reserved.